最近人気のウェルカムスペースDIY♡フォトパネルの飾り方・レイアウトをパターン化してみた

2022.08.25公開
きゅん

フォトパネルを用意したい♡

ウェルカムスペースの装飾アイデアで人気のフォトパネル。

前撮り写真やデートした思い出の写真をフォトパネルにして、ロビーや廊下の壁に、一箇所にまとめて貼り付けます。

壁が寂しくならずに、展示会みたいな感じでゲストにお気に入りの写真を見てもらえるのが嬉しい♡

華やかで目につくので、ウェルカムスペースのデコレーションはこれだけにした!という花嫁さんもいるみたい。

作り方♡

フォトパネルは、DIYするのが主流。

作り方の手順はこちら。

①飾りたい写真をA4やA5の厚紙(普通紙でもok)に印刷する

コンビニ印刷やお家プリンタでの印刷してる花嫁さんが多いみたい。

②土台にするのは、100均で買える発泡スチロールボード。写真よりもひとまわり小さめサイズにカットする

ダイソーの「発泡なんでも板」という商品が定番です。

③発泡スチロールに両面テープを貼って、写真を貼り付ける

④はみ出した写真はカッターでカットする(もしくは発泡スチロールに沿うように後ろに折りたたんでテープで留める)

これで完成です♡

厚みが欲しい場合は、発泡スチロールボードを2枚重ねたりして工夫しましょう。

写真は、光沢のある印刷の仕方よりは、マット加工っぽく印刷するほうがフォトパネルの質感と馴染みやすいのでおすすめ。

モノクロにしたりセピアにする花嫁さんも多いです。会場の壁の雰囲気と合わせてアレンジしてみてください♡

こちらの花嫁さんは、写真の周りに黒いマスキングテープを貼って、フレームを作ったそう。

フォトパネルには、あまり枠的なものはつけないのが主流ですが、メリハリが出ておしゃれ♡

フォトパネルの飾り方【配置・レイアウト】

ここからは、数十枚以上あるたくさんのフォトパネルを、どんなふうなレイアウトで飾るのがおしゃれなのか、実際の花嫁さんの写真でご紹介♡

飾り方をパターン化してみたのでぜひご覧ください。

①横長(ひし形っぽく)

ひし形のような、ダイヤのような形♡

こちらの花嫁さんは、試着写真onlyのフォトパネルを作成されたそう。着なかったドレスも見てもらえます♡

②横長(左右の高さを変えてアンバランス)

左を高く、右を低く。アンバランス感が可愛い♡

ランダム感が良いですよね。

フォトパネルには、白地に黒字でふたりのイニシャルを混ぜるのも定番♡

高さや余白の感覚をきっちり揃える必要はないので、バランスを見ながら飾りたい*

③横長(山っぽく)

真ん中てっぺんが高い、ちょっとお山っぽいデコレーション。

ふんわりお山型♡

④横長(まとまった感じ)

全体的に、綺麗な横長の形でまとまってる感じ♡

⑤横長(きっちり長方形)

高さ、幅をきっちり合わせて飾るのも素敵♡

横長の「Welcome to our wedding」のボードも目立って良い。ウェルカムボードなしでも華やかな受付空間になりそう。

不揃いでもいいか、きっちり揃えたいかは、人の好み?癖?によると思うのですが...

統一性を出してすっきり綺麗に飾りたい!という花嫁さんは、おすすめです♡

⑥斜めに(階段スペースに飾るのにおすすめ)

式場内の階段にフォトパネルを飾る場合は。斜めに、目線の高さに合わせて飾るのが王道*

一枚ずつでもいいかも*

⑦縦長

壁の横幅スペースがそんなに広くない場合は、縦に長く飾るのもあり♡

⑧なんとなく正方形っぽい

5~10枚以下の場合は、なんとなく正方形っぽく配置するのもおしゃれ♡

⑨等間隔に間をあけて

縦も横も、一枚ずつ等間隔に隙間をあけて飾るパターン♡

壁が広い・写真の枚数が多い場合にぴったりのデコレーション方法です。

⑩まわりのアイテムをいかして

会場のライトやウォールデコレ―ションをいかして、フォトパネルを飾るのもおしゃれになるのでおすすめ♡

こちらの花嫁さんは、備え付けのスポットライトと文字を挟んで配置♡

パンパスグラスの装花デコレーションの下に♡

フラワーブッフェ用で飾ったお花と被らないように、ちょうどいい高さで♡

⑪そのほか可愛いと思ったアイデア

同じ系統だけの写真で統一♡

キャンバスアートのウェルカムボードを一緒に飾るアイデア♡

フォトパネル、どうやって飾る??

フォトパネルは、最近用意している花嫁さんが多いウェルカムスペースの定番・人気アイデア♡

当日お任せで飾ると、イメージと違った...!ということも起こりうるので、

まずはお家で、色んな飾り方を試してみるのがおすすめ。理想のレイアウトが見つかったら、写真を撮って、こんな風にしてください!とお願いするのが確実だと思います♡

この記事に関連するキーワード