もこもこのオリジナルラグを作れる!リールでよく見る【タフティングのDIY】が楽しそう&やってみたい♡

2022.09.09公開
きゅん

タフティング*

最近、ワークショップやハンドメイド体験ができることでも人気で、流行っている【タフティング】を知っていますか?

タフティング(Tufting)とは、ラグやカーペットなどを作るための織物の技法のこと。

こういう、もこもこした質感の厚みのある絨毯やマットなどが、タフティングで製作されたものです。

タフティングは海外で生まれたファブリック製法で、以前からあるものですが(1950年代にアメリカでタフティング機が発明されました)、

最近は、タフティングガンという電動工具を使って、DIYに挑戦したり、ハンドメイド作家さんにオーダーしたりするのが世界的なムーブメント。

韓国インテリア感もあって、可愛いですよね♡

鏡のついたタフティングミラーなども流行り♡

どうやって作っていくの?

タフティングの詳しい技法のご紹介。

まず、必要な道具であるタフティングガンはこんな見た目。

Amazonや楽天でも購入できます。(30,000円前後でした!)

➡楽天で見てみる

先端が針になっていて、あらかじめ模様を下書きしておいたキャンバス布生地に、糸を打ちこんでいきます。(手持ちのミシンのイメージ)

キャンバスは立てて、タフティングガンをまっすぐ当てるのがスタンダードなやり方みたい。

動画で見ると、こんな感じ!

最初はやっぱりタフティングガンを操作すること自体が難しいみたいなのですが...慣れると、一定のスピードで、曲線や一定の太さなどの模様も綺麗にステッチできるようになるみたいです。

最後に、糸切りハサミで表面の長さを均一にして仕上げ。

裏面はこんな感じです。

素敵だと思ったタフティング作品例

(♡)

(♡)

(♡)

(♡)

(♡)

(♡)

(♡)

(♡)

(♡)

体験できるのはどこで?

けっこう大掛かりなDIYなので、自分でタフティングガンを買ってお家で挑戦するのはなかなかハードルの高いタフティング。

でも、タフティング体験ができるアトリエや教室も最近は増えていて、気軽にトライできるのでおすすめ♡

調べてみたら、東京・台東区の根津駅にある【tufting studio KEKE】が日本初のタフティングスタジオで有名。

好きなデザインで、オリジナルのラグが作れるワークショップは28,000円~。

こちらはデザインの下書きの様子*

予約必須で、すぐ満席になるみたいなので早めの予約をおすすめします。

➡HP

東京・小平市にある【Pontre Studio】では、直径30cmのミニラグ(チェアパッド)作りができます。

➡HP

京都・東山区にある【Waku Tufting Studio】でも、タフティング体験ができます。

お問い合わせ・予約はline@から受け付けています。

➡Instagram

タフティングが気になる♡

いまハンドメイド・DIYの世界で流行ってる、もふもふのタフティング。

結婚式では、ウェルカムミラーにしたり、ウェルカムスペースに飾ったり、ラグとして両親贈呈品にするのも良いかも♡

旦那さんと一緒に体験に行くのも楽しそうですよね。

楽天などでも販売されてるので、ぜひチェックしてみてください。

➡楽天でタフティングアイテムを見てみる

この記事に関連するキーワード