受付サインのまわりに飾るお花♡受付装花ってみんなどうする?(生花 or 造花の持ち込み)

2022.09.22公開
きゅん

受付装花って、どうする?

受付テーブルに用意するものといえば受付サインが定番ですが、そのまわりにお花を飾るのも、華やかで可愛い空間になるのでおすすめ♡

その、受付周辺に飾るお花のことを【受付装花】といいます。

「受付って、受付サインだけで十分だと思ってた」

「そこまで考えてなかった」

という花嫁さんも多いかもしれませんが...

こちらの写真からきっと感じてもらえるように👇

お花があるのとないのでは雰囲気も変わってくるし、せっかくならお花でおしゃれに、受付空間をデコレーションをしたいですよね。

受付装花の準備には、

✅当日、お花を、式場のお花屋さんやフローリストさんに事前にお願いして、当日用意してもらうパターン

(オプション料金にはなるけど、生花が飾れる♡)

✅花瓶とお花(アーティフィシャルフラワーや造花)を、自分で用意して持ち込むパターン

(ウェルカムアイテムと同じような感じで!)

基本的にこの2通りに大きく分かれると思うので、それぞれご紹介。

生花の受付装花♡

(♡)

サンダーソニアとアンスリウムの受付装花。

(♡)

受付サイン同士のあいだに置くと、主役級の存在感。

(♡)

個性的な花瓶に、背の高いお花を♡

受付装花は、お花屋さんやフローリストさんにお任せしてる花嫁さんも多いみたい。

(♡)

オレンジ×ピンク系の生花でまとめた受付装花。

(♡)

新婦側のお花と、新郎側のお花(スワイプして2枚目)で、種類を変えて飾ってもらうのもおしゃれ。

(♡)

シンプルに、受付テーブルの中央に。

持ち込みの受付装花♡

(♡)

イーストサイドトーキョーで購入した造花を飾った花嫁さんのお写真。

時期的に難しいお花を選べるのが、造花持ち込みの良いところ*

(♡)

造花なら、ブーケタイプにして飾るのも良いですね♡

(♡)

こちらの花嫁さんも、イーストサイドトーキョーの造花で受付装花をディスプレイ♡

「やっぱり生花を飾りたい」

「みずみずしいお花で、ゲストを迎え入れたい」

「受付をお任せするゲストにも、生花の香りや可愛さを楽しんでもらいたい」

と思うなら、式場のお花屋さんやフローリストさんに頼んで、生花の受付装花を当日飾ってもらうようにお願いしましょう♡

逆に、

「見た目重視で、受付サインと同じ色味や雰囲気のお花を、造花でもいいから飾りたい」

「ここにはオプション料金をあまりかけたくないかも...」

「好きな種類の造花を選んで、好きなふうにディスプレイしたい」

と思うなら、持ち込みパターンで、受付装花を準備するのもおすすめ。

どちらの方法でも、素敵な受付空間を作り上げてください♡

この記事に関連するキーワード