結婚3年目の革婚式のギフトに♡日本最古の革小物工房【MASION de HIROAN】の小物がおしゃれ

2022.10.25公開
きゅん
Original product

100年続く革ブランド【MASION de HIROAN】

プロポーズのお返しや、旦那さんへの誕生日プレゼントにしたい、おしゃれで渋い♡革小物のお店を見つけました!

MASION de HIROAN(メゾンドヒロアン)って、知っていますか?

1906年に創業した老舗の紳士革財布ブランドで(創業当時の名前は長谷川製作所でした)、馬蹄型の小銭入れを日本で初めて作ったとされるメーカーです。

伊勢丹新宿やユナイテッドアローズなどの百貨店やセレクトショップでも取り扱いがあるブランドで、博庵と漢字で呼ばれることも。

現在は、3代目の長谷川博司さんが代表。MAISON de HIROANのブランドも、2000年に長谷川さんが独立して立ち上げました。

HPを見ると、代表の、こんな言葉が載っています。

*************************************

美味しい料理を作る為の原点である出汁を取るように、革も鞣し(なめし)の良いものを選ぶ為にただ綺麗なだけの革に騙されず、ギュッと握って目の詰まった革を厳選する。

作る技術だけでなく革の知識も兼ね備えて初めて良質と呼ばれるものを造る事が出来る。

*************************************

こうおっしゃられているように、メゾンドヒロアンは、職人気質の会社。

大量生産大量消費が当たり前の世界の中でも「世界一のクオリティ」を目指して技を磨き続けていて、男性のファンや海外のファン(特に韓国!)もとても多いです。

革小物業界でも、随一の銘品と絶賛されるアイテムを多く生み出しているます。

➡HPを見てみる*

結婚3年目の革婚式のギフトに♡日本最古の革小物工房【MASION de HIROAN】の小物がおしゃれにて紹介している画像

HIROANが持つ、三つの武器

メゾンドヒロアンの革財布には、他にはない三つの武器があるそう。

一つが、究極の【ベタ貼り】。

ベタ貼りとは約0.5mmの薄さに漉いた革同士を貼り合わせる特殊な技法のこと。

革の貼り合わせをいかに美しく仕上げるかが財布メーカーの腕の見せ所らしいのですが、

ヒロアンの財布は

✅もともと1枚の革なのではないかと錯覚するほど完璧に貼り合わされていて

✅ミシンで補強する必要がないほどしっかりしたもの

というのが特徴。

「縫い目がない」ので、洗練された、凛とした雰囲気に仕上がります。

結婚3年目の革婚式のギフトに♡日本最古の革小物工房【MASION de HIROAN】の小物がおしゃれにて紹介している画像

二つめは、【磨き】。

手作業で、自然な光沢が出るまで革の断面を繰り返し磨いていきます。

磨きにも力を入れることで、何年使い続けてもシワひとつよらないのだそう。

結婚3年目の革婚式のギフトに♡日本最古の革小物工房【MASION de HIROAN】の小物がおしゃれにて紹介している画像

三つめは【ヘリの後切り】。

そもそも、革のコバ(端の部分)の処理には、表革を内側にヘリを返したあと、ミシンの糸の際ギリギリにヘリ革を裁断してヘリ幅を細くみせる手法があるそう。

その、ヘリの後切りの技術がHIROANはとにかく高い*

財布作りの工程においては小さな部分ですが、仕上がりの美しさが段違いになるみたいです。

結婚3年目の革婚式のギフトに♡日本最古の革小物工房【MASION de HIROAN】の小物がおしゃれにて紹介している画像

他の財布と比べてみると...

長年使ったメゾンドヒロアンの財布を、他のメーカーの財布と比べてみると...

驚くべき違いが出ていました*

たとえばこの角のところ。

同じ期間、同じように使っても、ヒロアンの財布(上のグリーン)は傷みが少ないのが分かりますか...?

ここの、広げたときの折り目の部分も。

ヒロアンのほうは、あまり消耗していないですよね。

このように比較してみると、MAISON de HIROANの革財布のレベルの高さがわかります。

まさに、一生ものですね。

➡HPを見てみる*

実際の商品*

こちらはクロコダイルの名刺入れ。

黒いほうはワニの顎で、茶色いほうには腹や尾の皮が使われているみたい。(ここまで知れるのもすごいです...!)

光沢も綺麗で、渋さを感じます。

希少な、エレファントレザーのキーケース。

象革というエキゾチックレザーを使った商品を出しているのもヒロアンのこだわり。

イタリア産の最高級アルピナレザーの名刺入れ。ツヤ感ありです。

クロコダイルやエレファント以外にも、リザードという革の種類の商品もあります。

リザードとは、トカゲ革のこと。ご存知でしたか.....?

そんな珍しいエキゾチックレザーもあるなんて、好奇心も高まります*

牛革の、市松模様のマネークリップ。

こういうデザインもおしゃれ。

明るいカラーの財布は、女性にも*

夫婦お揃いで持つのも素敵です。

オンラインショップで購入できる*

価格の幅は広くて、2~3万円台のものから、10万円を超えるものまで。

名刺入れやキーケースなら1万円台から購入可能。

➡商品一覧はこちら*

結婚3年目の革婚式のギフトに♡日本最古の革小物工房【MASION de HIROAN】の小物がおしゃれにて紹介している画像

長財布で、クロコダイルやエキゾチックレザーなどを使っていると、高価になる傾向があります。

彼にプレゼントしたい♡

日本で一番古いとされる、革小物メーカーの博庵。

ひと目見てわかるラグジュアリーブランドのものではない良質なものっていうのは、男性が持っていたらすごくかっこよくて、スマートな印象。そんな魅力のあるブランドです。

ずっと使っていても消耗や劣化もしにくくて、むしろレザーならではの味わいが出てくるのも素敵でおしゃれ。

40代50代60代になっても持ち続けられる、そんな紳士小物だと思いました。

旦那さんへの誕生日プレゼントや、結婚3年目の「革婚式」のギフトやプロポーズのお返しギフトで悩んだら.....ヒロアンのアイテムはいかがでしょうか♡

➡MASION de HIROANのオンラインショップはこちら*

この記事に関連するキーワード