定番じゃない言葉がおしゃれに見える。海外ウェディングで見つけた素敵な英語フレーズをピックアップ!

2023.03.23公開
きゅん
Photo contest 2

良いなと思った英語フレーズをpick up♡

こんにちは、marryのゆきです。

結婚式のアイテムの準備をしていると、ちょっとおしゃれな英語フレーズを使ってみたいなって気持ちになりませんか...?

たとえばウェルカムボードも、ふつうにwelcome to our weddingという王道メッセージではなくて。

ゲストが「ん、なんて書いてあるんだろう...?」って目を留めてみたり、「ああ、そういう意味か!おしゃれ~」と思ってもらえるようなフレーズを用意したくなります。

そこで、この記事では*

あまり見たことがなくて(定番すぎなくて)

これ良いな!と思った英語フレーズを、シーン・用途関係なくご紹介します。

海外のおしゃれなウェディング系のアカウントから、探してみました!

こんなフレーズはどうですか?

It's forever kind of thing.

直訳すると、それは永遠のようなものです。という意味。

ふたりの結婚(誓った愛)は、永遠に続く的な意味合い♡

Welcome to our forever.

our weddingでも、our partyでも、big dayでもなくて。

ようこそ、私たちの永遠へ♩と言っているのが素敵。

Welcome to our forever after.

というメッセージのウェルカムボードも見つけました。

Let's get lit.

これは、ドリンクメニューにぴったりのフレーズ。

litは点灯する、火をつける、という言葉なのですが、スラングでは、やばいとかイケてる、という意味合いで使われていて、

ここでは「酔いましょう!」「楽しみましょう」という意味に♡

This must be the place.

直訳すると、この場所に違いない、という意味でむむ?となりますが、

ここが私たちの居場所、という意味合いで考えるのが良いでしょうか♡

「この場所であっていますよ」という意味にも捉えられますね。

昔の洋楽で、トーキング・へッズの同じタイトルの歌も有名なフレーズみたいです。

OH BLESS.

この言葉はシンプルに、ああ、祝福、という意味。

短いシンプルなメッセージなので、こんな風に、ペーパーアイテムの端っこに、ワンポイントで入れたりするのが良さそう。

N&A Hysterical Day

ヒステリーの形容詞を使った、興奮する一日、というフレーズも海外ならでは。

これを見て私は、似た語感の言葉で

Historical Day

歴史的な一日、というフレーズも良いかもと思いつきました♡

気になるフレーズはあった?

最近見つけて良いな!と思った英語フレーズをご紹介しました。

ウェルカムボードや、ペーパーアイテムのワンポイントデザインとしてぜひ使ってみてください♡

この記事に関連するキーワード