🤵🏻‍♂️タキシードにはエナメルシューズが正解?本当にフォーマルな「新郎の靴」の種類と選び方👞

2023.11.27公開
きゅん
Catelog giftcard 2

新郎の「靴」は何を選ぶ?

タキシードやモーニングなど、新郎の衣装に合わせる「靴」は何を合わせる予定ですか?

「わざわざ買うのも勿体ないし、レンタルするのも足に合わないかもしれないし、持っている革靴にしようかな」と思っている方もいるかもしれませんが...

実はタキシードに革靴は”正礼装”であるかというと、そうではありません。(とは言え、普通にみんな合わせていますが...!)

この記事では新郎の靴の種類と、正礼装に則った場合の靴の選び方をご紹介します👞

【そもそも】新郎の衣装の礼装は?

靴のお話しの前に、まずは新郎の衣装の礼装から。

「結婚式で新郎が着る衣装はタキシード」と思っている方も多いと思いますが、西洋文化の伝統的な概念としては、タキシードは「夜の準礼装」という位置付けです。

(正礼装に分類されることもあります。)

礼装は時間と場所によって変わる...というのは何となく聞いたことがある方も多いとは思いますが、こちらが正式な礼装の分類です。

🤵🏻‍♂️タキシードにはエナメルシューズが正解?本当にフォーマルな「新郎の靴」の種類と選び方👞にて紹介している画像

✅フロックコート:昼の正礼装

ジャケットの前後の丈が同じ長さのもの。

✅モーニングコート:昼の正礼装

フロックコートの前の丈を大幅にカットした形。前から後ろにかけて緩やかなカーブになっている。

✅テールコート(燕尾服):夜の正礼装

ジャケットの丈は前が短く後ろは長い。後ろは燕のように真ん中がカットされている。

✅ディレクターズスーツ:昼の準礼装

ジャケットの丈は前も後ろも短く、黒無地のジャケットにグレートブラックのストライプ柄のスラックスを合わせたもの。

✅タキシード:夜の準礼装

ジャケットの丈は前も後ろも短く、ショールカラーと呼ばれるラペルが特徴。サテンやシルクで仕立てられることが多い。

靴にも正装がある!

そして、衣装と同じように、靴にも時間帯によって正装があります。

日中はストレートチップシューズ、

夜はエナメルシューズやオペラシューズを合わせるのが正装です。

🤵🏻‍♂️タキシードにはエナメルシューズが正解?本当にフォーマルな「新郎の靴」の種類と選び方👞にて紹介している画像

✅ストレートチップシューズ:昼の正装

つま先に一本線が入っている革靴。

✅エナメルシューズ(ストレートチップ):夜の正装

エナメル素材のストレートチップ(つま先に一本線が入っている)

✅オペラシューズ・オペラパンプス:夜の正装

エナメル素材で甲にリボン飾りがついたスリッポンタイプの靴。

靴も洋服と同じように時間帯によって選ぶものが変わります。

結婚式で正礼装に則った格好をしたい...という場合は、

✅昼ならフロックコートかモーニングコートに、ストレートチップの革靴

✅夜ならテールコートに、エナメルシューズかオペラシューズ

という組み合わせが正解なのですが、今では(海外でも)あまり正装は気にせず、好きな格好をしている方の方が多い傾向。

正式なスタイルを知った上で、自分が気にするのか・ゲストにとってどう見られたいのか(例えば外務省に勤めている方で、お仕事関係の方を多くご招待する場合などは、正装に則った方が無難ではありますよね)を考えた上で選択するのが良いかなと思います👞

おしゃれな新郎の靴をご紹介♡

ここからは、おしゃれな新郎の靴をご紹介。

新郎のコーディネートを考える上で、参考にしてみてください*

エナメルのプレーントゥ。(プレーントゥはつま先に線が入っていないもの)

プレーントゥはストレートチップシューズ(つま先に一本線が入ったもの)の次にフォーマルなシューズです。

グラデーションが美しいブラウンの革靴。

ネクタイ・ベルト・靴をネイビーでコーディネート♡

穴飾りが遊び心のある革靴。アメリカではこの穴野飾りを、ウイングチップと呼んでいます*(イギリスではブローグシューズ。)

おしゃれなビットローファーをウェディングシューズに*

クリスチャン・ルブタンのベロアのスリッポンシューズ。カジュアルな雰囲気です*

ルブタンのスパイクデザインのスリッポンシューズ。「Roller Boat」という名前で、165,000円です!靴好きでおしゃれな新郎に是非。

黒地にペイントしたような模様がおしゃれなシューズ。ネクタイとお揃いです♡

エナメルのローファーを合わせるのもおしゃれですよね*

新郎の靴にもこだわろう👞

新郎の靴の種類と選び方をご紹介しました*

結婚式の時間に合わせて衣装と靴を選ぶのが正礼装ですが、今はあまり気にせずに、好きなスタイルを選んでいる方が多いみたい。

とは言え正式なスタイルを知った上で選ぶのと、知らずして選んでしまうのでは心持ちが違うと思うので(選んだものが正礼装だと思っていたけど、後から違うと知ったらショックですよね)知識として頭に入れておくのはいいことですよね。

この記事に関連するキーワード