ゲストに花火を持ってもらう「スパークルシャワー」🎇選ぶべき手持ち花火はこれ♡

2024.05.30公開
きゅん
Eb72c459 b087 46e9 a347 ddcf5e5a615b

ナイトウェディングでやりたい「スパークルシャワー」

海外ウェディングではよく見かける、フラワーシャワーの代わりに手持ち花火を持ってもらう「スパークルシャワー」♡

ちょっと危ないのでは...!?と思ったりもしますが、キラキラでロマンティックで、とっても華やかな演出です。

海外ウェディングではスパークルシャワーを通るときにはキスしたり、ダンスしたり、新郎が花嫁を抱きかかえて歩いたり…

ゲストにとっても、新郎新婦にとっても、美しくて特別な瞬間になるはず♡

ただし日本では防災の観点から、花火ができる会場は限られていますが、限られているからこそやっている花嫁さんが少なく、ゲストの記憶にも残るはず*

この記事では「花火シャワーやってみたい!」という花嫁さん向けに、どんな花火を選べば良いのかご紹介します♡

花火シャワーを選ぶコツは?

花火シャワーをするときに大事なのは、花火選び。

手持ち花火は勢いよく噴き出す「ススキ花火」や小さな炎が美しい「線香花火」など色んな種類がありますが、結婚式では「スパーク花火」と呼ばれる大きな線香花火のような種類がおすすめ*

ぽわんとまん丸のオレンジ色の花火で、パチパチと新郎新婦を優しく照らしてくれます♡

(前に勢いよく噴き出すタイプではないので、ススキ花火よりも安全なのもポイント!)

スパーク花火を選ぶときは、

✅燃焼時間が長い

✅持ち手が長い

✅煙が少ない

ものを選ぶのがおすすめです*

おすすめのスパーク花火はこれ♡

一番のおすすめは「日本一長いスパーク」という花火。

✅全長55cm(燃焼部分の火薬は35cm)

✅燃焼時間約150秒

と、名前の通り恐らく日本で一番長く楽しめる花火です♡

2個入りで400円くらいです*

➡日本一長いスパーク商品ページ🎇

ゲストに花火を持ってもらう「スパークルシャワー」🎇選ぶべき手持ち花火はこれ♡にて紹介している画像

花火ってすぐに消えてしまう(長くても1分くらい)のイメージですが、日本一長いスパークの燃焼時間は2分半。

スパークルシャワーで使う花火の燃焼時間が短いと、新郎新婦が歩いている途中で花火が消えてしまった…ということになってしまうので、燃焼時間の長さは大切です!

150秒でも充分長いですが、実際の動画だと1本目が225秒、2本目は223秒と3分半ほど長持ちしたそうです♡

もう少し安いものは?

日本一長いスパーク花火は2個250円。1個125円くらい。

もう少し安いものがいいな…という方には、「ロングゴールドスパークL」という花火がおすすめ。

✅全長52cm

✅燃焼時間は約120秒

日本一長いスパークと比べて5cm短く、燃焼時間は30秒短いですが、50本で3,900円、1本あたり78円と安いです。

➡ロングゴールドスパークLを楽天で見てみる🎇

ゲストに花火を持ってもらう「スパークルシャワー」🎇選ぶべき手持ち花火はこれ♡にて紹介している画像

実際の動画はこんな感じです*

花火はタグをつけるのが定番♡

結婚式でスパークルシャワーをするときは、花火の棒だけをそのまま置いておくのは味気ないので、花火にタグをつけてデコレーションしておくのが定番。

「LIGHT THE WAY」

「THE STARS AT NIGHT ARE BIG & BRIGHT」

の文章が定番です♡

花火シャワーをやってみたい♡

スパークルシャワー・花火シャワーのおすすめ商品をご紹介しました*

ロマンティックで一生の思い出に残る花火シャワー。やってみたいですよね♡

都内では手持ち花火ができる公園も限られているので、結婚式での花火はより鮮明に記憶に残るはず。

夏の結婚式はもちろんのこと、冬の結婚式でも澄んだ空気に花火が輝いて綺麗だと思うので、ぜひ取り入れてみてください♡

➡【おすすめ➀】日本一長いスパークを楽天で見てみる🎇

➡【おすすめ②】ロングゴールドスパークLを楽天で見てみる🎇

ロケーションフォトの小道具にするのもおすすめです*

(なるべく長い時間持つものがおすすめ!)

この記事に関連するキーワード