\今さら聞けないかも!?/結婚式でよく使う『英語フレーズ』の意味と使い方のおさらい♡

\今さら聞けないかも!?/結婚式でよく使う『英語フレーズ』の意味と使い方のおさらい♡のトップ画像
2016.01.20 Wed.
409きゅん

結婚式で使う「英語フレーズ」の意味って知ってる?♡

海外のウェディングフォトで良く見かける様々なブライダルフレーズ♡英語の意味を知った上で結婚式DIYアイテムに使いたい!♩

結婚式で使える英語メッセージの意味とともに、そのフレーズを使うのにぴったりなアイテムをご紹介します♡

結婚式で使いたい英語フレーズ①『JUST MARRIED』

結婚式や前撮りで良く見るフレーズの『JUST MARRIED(ジャストマリッド)』は「(新婚ほやほやの)結婚しました」の意味*新婚の意味も含まれているから、ウェディングにぴったりの言葉なんです♩

『JUST MARRIED』を使うアイテムの定番は「ガーランド」です♩ガーランドを前撮りでも使うなら、結婚しましたの意を持つ『JUST MARRIED』で作りましょう♡

「ケーキトッパー」では最近、ガーランドタイプのものが多くあります♩新郎新婦モチーフのケーキトッパーと一緒に『JUST MARRIED』のガーランドも飾ると華やかになる♡

結婚式で使いたい英語フレーズ②『Eat Drink and Be Married』

最近、目にすることが多くなってきた『Eat Drink and Be Married(イート ドリンク アンド ビー マリッド)』*もともとは聖書にある「Eat, drink, and be merry, for tomorrow we die. (食べて飲んで楽しめ、明日は死ぬ)」っていうフレーズを文字った言葉*

つまり『Eat Drink and Be Married』は「食べて飲んで結婚式を楽しもう!」って意味で使われるみたい♡なんだかこのフレーズってジュリア・ロバーツ主演の映画タイトル【Eat Pray Love(食べて祈って恋をして)】を思い出させますね♡「食べて飲んで〜」の意味の通り、メニュー表の表紙に使うのがぴったりです♩

結婚式で使いたい英語フレーズ③『Mr&Mrs』

『Mr&Mrs(ミスターアンドミセス)』は単体だと、名前の前に使うのが一般的ですが、この場合は「夫婦」という意味です*結婚式で使う場合は、『Mr』と『Mrs』は一緒に使いましょう♩

『Mr(夫)』『Mrs(妻)』を使うアイテムでぴったりなのは「チェアサイン」です♡新郎新婦が座る高砂席に飾るチェアサインには『Mr』と『Mrs』の文字を使いたい♩

「フォトプロップス」に『Mr&Mrs』を使うアイディア♡MrやMrsだけでなく、「I am her Mr(僕は彼女の夫)」というフレーズをプロップスでは使いたい*フォトラウンドや前撮りで使って、ラブラブな写真を残して♩

結婚式で使いたい英語フレーズ④『Bride&Groom』

『Bride&Groom(ブライドアンドグルーム)』は「新郎新婦」の意味です♡日本語だと男性の新郎が先ですが、英語だとBride(新婦)が先になるので気をつけて使いましょ*

『Bride&Groom』を使って作りたいアイテムは「Bride&Groomクッション」です*ウェルカムスペースに飾ったり、披露宴中は高砂に置くのが一般的♩チェアサインの代わりに作成してみて欲しい♡

こだわり花嫁さんは「受付サイン」もぬかりがないんです♡受付は新郎側ゲストと新婦側ゲストの場所が隣り合わせなので、分かりやすく置く看板みたいなもの*写真のように日本語の意味も書いていると親切♩

結婚式で使いたい英語フレーズ⑤『Wedding Reception』

「結婚式」を英語で表すと「Wedding party」を想像しますが、披露宴に招待するような公式な言葉だと『Wedding Reception(ウェディングレセプション)』の方が一般的です。目上の方が来てくださるような結婚式には『Wedding Reception』がカジュアルにならなくておすすめ!*

『Wedding Reception(結婚披露宴)』は、席次表の表紙や中身にぴったりです*席次表を手作りするなら、『Wedding Reception』を使いましょ♩

結婚式で使いたい英語フレーズ⑥『Welcome To Our Wedding Reception』

『Wedding Reception(結婚披露宴)』の意味が分かったら、『Welcome To Our Wedding Reception(ウェルカムトゥアワーウェディングレセプション)』のフレーズの意味も分かるはず♡「Welcome To〜(ようこそ〜)」のフレーズを使うのにぴったりのアイテムがあります♩

『Welcome To Our Wedding Reception(ようこそ私たちの結婚披露宴へ)』は「ウェルカムボード」に使いたい言葉です♡「Welcome」だけでもいいですが、このフレーズを使った方が丁寧かも♩

結婚式で使いたい英語フレーズ⑦『Keep Calm and Carry On』

『Keep Calm and Carry On(キープカームアンドキャリーオン)』という言葉はポスターや色んなグッズで見たことがある人もいるかも*直訳すると「冷静に今、自分のするべきことをしよう」という人々を勇気づけるための言葉です♩

『Keep Calm and Carry On』を結婚式で使うために文字った言葉が存在します♡一つは『Keep Calm and Marry me(結婚してください)』です。前撮りの時に使うフレーズにぴったりかも♩

こちらの『Keep Calm and Marry On(キープカームアンドマリーオン)』は文法としては存在しないんだけど、直訳すると「冷静に今、結婚しよう」みたいな意味に*流行りのフレーズを文字って結婚式アイテムに使うのは海外で多く見られます♩どこかにこのロゴを入れるだけで、おしゃれな雰囲気に♡

\結婚式前に/挙式当日までのカウントダウンを英語で♡

インスタグラムなどのSNSで良くプレ花嫁さんがしている「挙式までのカウントダウン」♡『結婚式まであと◯◯日』というのを、英語のフレーズで言ってみませんか?*

「結婚式まであと◯◯日」の意味を持つ代表的な英語のフレーズを紹介します♡写真にある『◯days (more) to go』は「あと◯日」という意味で、『◯days away』も同じニュアンスで使われます*他に『Last◯days(最後の◯日)』や『◯days until a wedding(結婚式まで◯日)』も良く使われています♩

\知っておきたい/日本語とは違う英語での『日付』の表し方♡

「セーブザデート」や「ウェルカムボード」など、様々なウェディングアイテムで結婚式の日付を入れますよね♩日本語のように『年月日』の順でもいいですが、きちんと英文法に習って使いたいところ*

アメリカ式英語では、『月→日→年』の順番で表します*また、暦の1月〜12月までの表し方は数字ではないので気をつけて♡

英語での月の表示を再確認するなら、こちらから♡略称も掲載されています♩

➡︎英語で表す1月〜12月の書き方と略称*

英語の意味を知った上で結婚式DIYしよう♡

結婚式のDIYアイテムで良く見かける英語メッセージ*きちんと意味を理解してから、結婚式アイテムに使ってみてください♡

この記事に関連するキーワード

ジャンルから好きな記事を探す♡

読みたい記事をここから検索!