「幸せになってね♡」感動的瞬間!ベールダウンの時に気をつけたい、美しく魅せる為の姿勢を確認!

「幸せになってね♡」感動的瞬間!ベールダウンの時に気をつけたい、美しく魅せる為の姿勢を確認!のトップ画像
2016.04.18 Mon.
195きゅん

ついに憧れの「バージンロード」を歩くとき*

チャペルや教会で行う、キリスト教式や人前式といえば「バージンロード」ですよね*バージンロードは、花嫁の今までの人生の道のりを表していることを知っていますか?ウェディングステップの一歩は、1歳。二歩めは2歳…と、今までの人生を振り返るという、とっても素敵な意味合いがあるんです♡

お母さんの最後の仕事「ベールダウン」♡

そんな素敵な意味合いを持つバージンロードを歩く前に、お母さんにベールを下げてもらう「ベールダウン」というセレモニーがあります*そもそもベールダウンとは、邪悪なものから花嫁を守るといわれているウェディングベールを、結婚式が始まる前にお母さんがおろして、娘を送り出す儀式のことです*

母親が「新婦にする最後の身支度」とも言われており、今までのことを思い出して、親子で号泣してしまう人が続出する感動的なシーンでもあるんです!♡

カメラのシャッターチャンスでもある、感動的な「ベールダウン」は、ゲストみーーんなの記憶に残ります。素敵な場面を綺麗に残しておけるように、姿勢には絶対気をつけたいところ♡

今回は、挙式の始まりに行う感動的なセレモニーである「ベールダウン」の時に注意するべき、花嫁の姿勢のポイントをご紹介します♡

「ベールダウン」の時に気をつける姿勢のポイント①首や上半身だけ、前に倒れないように意識する

ベールダウンでついやってしまいがちなのは、自らベールをかぶりにいってしまうこと*そうすると、首や上半身が前のめりになって、綺麗な姿勢が崩れてしまうんです!緊張するとは思いますが、まずは慌てないで♡自らかぶりにいかず、頭と上半身は真っすぐにすることを、意識しましょう♡

「ベールダウン」の時に気をつける姿勢のポイント②背筋は真っすぐに保つ

今までずーっと綺麗な姿勢を保ってきたのに、ウェディングベールをかぶせてもらう時に、猫背になってしまうのは勿体ない!背筋を真っすぐにするには、肩を少し後ろに張るように意識しましょう♡緊張してしまう結婚式なので、「やりすぎかな」くらいが丁度良いです♡

「ベールダウン」の時に気をつける姿勢のポイント③足を前後にして、腰を思いっきり落とす

ベールダウンをしてもらう時に、徹底したいことは「お母さんよりも小さくなること」です*ただしゃがむのでは、綺麗な姿勢は保てないので、足を前後にして、そのまま腰を真っすぐ下に落として下さい♡

ドレスの重さもあるので、しゃがみこむのは意外と大変な作業ですが、ベールダウンは一瞬なので綺麗な姿勢で頑張りましょう♡事前に、練習をしておく花嫁さんも多いんですよ♡

ベールダウンはお母さんじゃなくても大丈夫♡

ベールダウンは、お母さんにお願いをする花嫁さんが多いですが、絶対に母親でなければいけない!という決まりはありません*お姉さんや妹、親戚の方、友人にお願いする花嫁さんもいるんですよ♡人生を共にしてきた、大切な方にお願いしたいですね♡

号泣者続出!感動的な「ベールダウン」エピソード♡

ベールダウンは、花嫁にしてあげられる最後の身支度です*今まで花嫁さんと生きてきた、沢山の思い出が蘇って、ほとんどの方が泣いてしまうとか…♡

こちらは、色んな想いが込み上げて、泣いてしまった花嫁さんを、お母様が下から覗き込むように目を合わせて「泣かないの!幸せになってね♡」と、肩を抱くようにして言ってくれたという感動的なシーン♡花嫁さんも、お母様も、ゲストもみんなで泣いてしまった、とっても心が温まるベールダウンエピソードです*

愛情を感じる「ベールダウン」♡

いかがでしたか?「ベールダウン」の時に、気をつけたい姿勢のポイントは確認できましたでしょうか?♡心温まる感動的なセレモニーのひとつ「ベールダウン」で、沢山の愛情を感じて、幸せな花嫁さんになって下さい♡

この記事に関連するキーワード

ジャンルから好きな記事を探す♡

読みたい記事をここから検索!