今まで育ててくれた両親へ。精一杯の感謝の気持ちを伝える「花嫁の手紙」の書き方まとめ*

2016.10.04 Tue.
713きゅん

結婚式のクライマックス「花嫁の手紙」

結婚式の感動のクライマックスシーンと言えば「花嫁の手紙」ですよね*今まで育ててくれた両親へ宛てた手紙は感謝がたくさん詰まっていて思わず涙するゲストも…。

感動の花嫁の手紙ですが「何を書いたら良いのかわからない」と悩んでいる花嫁さんも多いのではないでしょうか?そんな花嫁さんのために素敵な花嫁の手紙の書き方と文例をまとめました*

感動のクライマックス*花嫁の手紙①書き出し

花嫁の手紙の書き出しはゲストへの断りや親への呼びかけが定番*結婚式は本来であれば2人から今までお世話になったゲストへの感謝の気持ちを伝える場なので、両親へ宛てた手紙を読むのは失礼という観点から断りを入れる場合があります。

今まで育ててくれた両親へ。精一杯の感謝の気持ちを伝える「花嫁の手紙」の書き方まとめ*にて紹介している画像
4
@tamu_wedding

書き出しにゲストへの断りを入れる場合は「本日はお忙しいところ私たちの結婚披露宴にご列席頂きましてありがとうございます。この場をお借りして私を育ててくれた両親への感謝の手紙を読ませていただくことをお許しください」などと言うのが定番*

ゲストへの断りは入れても入れなくてもどちらでも構いません◎断りを入れるとより丁寧な印象になるので、会社関係の方が多い場合は入れておくのが無難です。

ゲストへの断りを入れない場合は「お父さん、お母さん。今日までの〇年間溢れるほどの愛情を注いで育ててくれてありがとう。今日の日を迎えることが出来たのもお父さんとお母さんが居てくれたからだと思っています」などが定番*

お父さん、お母さん(パパ、ママ)から始まり今までの感謝を述べましょう◎「今日の日を迎えることが出来たのも~」も定番の文章です*

感動のクライマックス*花嫁の手紙②家族とのエピソード

書き出しが終わってからは今までのエピソードに展開します。今まで育ててくれてた両親や一緒に育った兄弟との具体的なエピソードを盛り込むのが◎

両親や兄弟とのエピソードの一例をご紹介します*

「お父さん、お父さんは小さい頃から仕事で帰るのが遅くて休みも全然なかったよね。少し寂しかったけど、夜遅く帰ってきて私が寝ていても必ず私の顔を見にきてくれたのを知っていたから平気でした。家族のために一生懸命働くお父さんのことを尊敬しています。これからは手のかかる私が巣立った分、ゆっくりお母さんとの時間を楽しんでね」

「お母さん、お母さんにはいつも困らせてばかりだったよね。好き嫌いが多い私にめげずに色んな料理を作ってくれてありがとう。お母さんが色んな料理を作ってくれたから今では嫌いなものは1つもなくなりました。高校に入ったら長い反抗期で、大学に入ったら遊びまわってて、就職しても転職したりと困らせました。でもお母さんがずっと傍で支えてくれたから今日大切な人と結婚することが出来ました。今まで本当にありがとう」

「お兄ちゃん、お兄ちゃんとは小さいころは喧嘩ばかりしていたよね。でも小学校のときに友達にいじめられていた私を助けてくれたときからお兄ちゃんは私のヒーローだったよ。今ではお兄ちゃんと2人で飲みに行くのがとっても楽しみです。お兄ちゃんも素敵な人を見つけて、今度は4人で飲みに行こうね。結婚してもずっとお兄ちゃんは私のヒーローだよ」

両親や兄弟に宛てたエピソードは「小学校のとき~」など、具体的な方がより素敵な手紙になります*書きたいこが山ほどあってもエピソードは1つか2つがgood◎長すぎるとゲストも飽きてしまします。

今まで育ててくれた両親へ。精一杯の感謝の気持ちを伝える「花嫁の手紙」の書き方まとめ*にて紹介している画像
1
@mmmmx326

感動のクライマックス*花嫁の手紙③彼のご両親へのメッセージ

両親や兄弟とのエピソードの後は彼のご両親に感謝の気持ちやメッセージを述べましょう*「〇〇さんのお父さん、お母さん、まだまだ未熟者の私を家族として受け入れていただいてありがとうございます。これからは2人で力を合わせて明るい家庭を築いていきますので、どうぞこれからもよろしくお願いいたします」

自分の両親だけでなく、彼の両親へ向けたメッセージがあるととっても素敵ですよね◎彼の両親も少しびっくりする反面、嬉しく思ってくれるはずです♡

今まで育ててくれた両親へ。精一杯の感謝の気持ちを伝える「花嫁の手紙」の書き方まとめ*にて紹介している画像
1
@sonokinu_0718

感動のクライマックス*花嫁の手紙④結び

花嫁の手紙の結び方は人それぞれ*花嫁の手紙の結び方の王道3パターンをご紹介します♡

今まで育ててくれた両親へ。精一杯の感謝の気持ちを伝える「花嫁の手紙」の書き方まとめ*にて紹介している画像
0
@kana3co

花嫁の手紙の結び方パターン1:〇〇(名前)+より

両親や兄弟とのエピソードを話した後に「お父さんお母さん、今までありがとうございました。結婚しても2人の娘です。これからもよろしくお願いいたします。〇〇(名前)より」と自分の名前で終わる方法です◎

手紙に書いてある文章をそのまま読み、自分の名前で終わるとスムーズに進みより感動的な花嫁の手紙になります*

花嫁の手紙の結び方パターン2:手紙を聞いてくれた感謝の言葉

手紙を聞いてくれた両親やゲストへの感謝の言葉で締めくくる方法です*「つたない私の手紙を最後まで聞いていただきありがとうございました」など「聞いてくれてありがとう」の感謝の気持ちを込めましょう◎

手紙の締めくくりとしてわかりやすく、とっても丁寧な方法ですよね♩

今まで育ててくれた両親へ。精一杯の感謝の気持ちを伝える「花嫁の手紙」の書き方まとめ*にて紹介している画像
1
@ay0401w

花嫁の手紙の結び方パターン3:ゲストへの感謝の言葉

結婚式に来てくれたゲストへの感謝の言葉で締めくくる方法です*「私たちの門出を、大切な方々に見守っていただきとても幸せな気持ちでいっぱいです。本日は本当にありがとうございました」と今日の感謝の気持ちを伝えます◎

花嫁の手紙は新婦がゲストへの感謝の気持ちを伝えられる最後のチャンス*改めてゲストへの感謝を伝えましょう♡

花嫁の手紙を書いて、感動の結婚式にしよう*

花嫁の手紙は両親への感謝の気持ちが溢れ出す、とっても素敵な瞬間ですよね*ゲストも感動して「結婚式に来てよかった」と思ってくれるはずです◎

花嫁の手紙の書き方をマスターして、精一杯の感謝を伝えられるようにしましょう♡

この記事に関連するキーワード

ジャンルから好きな記事を探す♡

読みたい記事をここから検索!