パパママ婚や授かり婚だからこそできる♡【ベビーリングセレモニー】って知ってる?*

きゅん

「ベイビーリング」って知ってる?*

「ベイビーリング」とは、その名の通り赤ちゃん用の指輪のこと。お父さんとお母さんが、ふたりの大事な赤ちゃんに“元気で健康に幸せに育つように”という願いを込めて贈るものなんです♩

赤ちゃんに贈られたミニサイズのとっても可愛い指輪は一旦大事にしまっておいて、赤ちゃんが20歳になったときに再び両親からプレゼントするというのが一般的のよう♩

また、赤ちゃんが大人になるまでリングにチェーンをつけてネックレスにし、それをママがかわりに大事に持っているということもあるそうです♡とっても小さなベイビーリングのチャームが可愛いですよね♩

結婚式で「ベイビーリングセレモニー」を♡

このベイビーリングを贈る「ベイビーリングセレモニー」をウェディングに取り入れるのはいかがでしょうか♡パパママ婚や授かり婚だからこそできる結婚式の演出方法なので、ぜひオススメしたいアイディアです♩

そこで、どんな風に結婚式の演出のひとつとして行われているのか、ご紹介します♩♩

その1*夫婦から大事な子どもに♡

お子様が生まれてから行なうパパママ婚の場合、お母さんは赤ちゃんに、ベイビーリング、またはネックレスにしたものを付けてあげましょう*披露宴会場は、幸せであたたかい雰囲気に包まれること間違いなし♡

また、披露宴じゃなくて人前式で行なう指輪交換にこのベイビーリングセレモニーをプラスするのもありです♩新郎新婦のマリッジリングを交換したあとに赤ちゃんに指輪をプレゼント♡

その2*旦那さんから妊娠中の花嫁さんに♡

出産前に行なう結婚式、いわゆる授かり婚では、赤ちゃんとママは一心同体ということで、旦那さんから妊娠中の花嫁さんに♡パパはママとお子様に向けて、たっぷりの愛を込めてネックレスをつけてあげましょう♡

家族みーんなが幸せな気持ちに♡

パパママ婚や授かり婚だからこそやりたい「ベイビーリングセレモニー」をご紹介しました♩ハッピーオーラ溢れる家族の姿を見て、ゲストたちも幸せな気持ちになること間違いなしです♡

新郎新婦、そして、ふたりの大切なお子様がずっとずーっと幸せに過ごせますように♡

この記事に関連するキーワード