〔もう1回確かめたい!を防ぐために。〕試着するときにチェックしたいポイントはどこ???

2017.01.03 Tue.
212きゅん

ドレス試着の時に、チェックする項目をしっかり頭に入れておこう♡

ドレスの試着って、とっても楽しいですよね♩普段の生活では着ないような特別なで可愛い花嫁衣裳可に身を包んで、お姫様気分になれるとき♡

るんるんワクワクした気持ちになりますが、ドレスを試着するときにはチェックする項目を忘れてはいけません!

なんとなーく着て、なんとなーくに合うなー、とかちょっと違うかも。。。なんて『感覚』で判断している方は要注意です*

すべてのドレスを『同じ観点』でチェックすることが重要♡

ドレス試着でも結婚式の会場選びでも、なんでも同じなのですが『物事を比較するときは必ず同じポイントから物を見て判断すること』が重要です*

昔、小学校の理科で習った『対照実験』を思い出してください♡

Aというドレスは、トレーンが特徴だから、試着の時もバックスタイルのトレーンの写真ばかりを撮る。。Bというドレスは胸元のデザインが特徴なので、真正面から見えるビスチェのデザインばかりを写真に撮る。

この試着の方法だと、『Aのドレスのビスチェってどんなだっけ...うーーん、思い出せない。AもBも可愛いから悩む。。。』とドレス迷子になりがちです。

試着をするときは、しっかりと客観的にあとから判断できるように、全てのドレスを『同じ観点でチェックする』ことを心がけると◎です♡

あとから判断しやすくなるように、ドレス試着の時に必ずチェックしたい項目をご紹介します*

ドレス試着で気にするべき①真正面からの見た目

まず気になるのは、真正面からの見た目です*試着についてきてくれた彼やお母さん・お友達にお願いして、まっすぐぴしっと立ったところの記録に写真を撮っておいてもらいましょう*

ドレス試着で気にするべき②真横からの見た目

横からの見た目も重要です。ゲストに見られる姿は、横からの姿が多いので要チェック♩

スカートのふくらみや、トレーンの流れ具合が分かる写真を1枚撮っておくと、お家に帰ってからでも比較しやすい*

ドレス試着で気にするべき③真後ろからの見た目

後姿も重要です。背中のデザインが特徴のドレスだと、バックスタイルの写真を記録で撮るのは当たり前ですが、どんなドレスでも後姿も気にして記録しておいた方がよさそう。

くるみボタンがついているのか、編み上げなのか、チャックだけなのか...って、意外と忘れちゃったりしないですか?

ドレス試着で気にするべき④胸元のデザイン

ビスチェの胸元のデザインも、ドレス選びでは重要なポイントです*

特に、高砂に座って前にテーブルがあると上半身しか見えない状態になるので、胸元が華やかなドレスはおすすめです♡

ドレスを着ていると、スカートのボリュームやシルエットに注目してしまいがちですが、胸元のデザインもアップで記録しておくといいかも♡

ドレス試着で気にするべき⑤座ってみたところ

あと、写真うつりで重要なチェック項目は、座ってみたところの雰囲気。

椅子に座ったときのドレスの見え方が可愛いと、ウェディングフォトを撮るのがもっと楽しみになるはずです♡

ぺしゃんと床に座ってみたところも、写真映えがするドレスとそうでないものがあるので、記録すると決め手になるかも♡

最後は直感!運命のドレスに出会えますように♡

ドレス試着の時に気にするべき5つのポイントをご紹介しました*

後から検討して1着に絞る時に、同じ観点で記録してある写真を見比べる事が出来ると絶対に選びやすくなるはずです♡

比較する写真がないと、「やっぱりもう一回着てみないと分からない..!」となってしまってまた予約を取り直さなきゃいけなくなっちゃうのは、結婚式準備の忙しい時期にちょっと時間がもったいないですよね。

客観的に判断できる記録写真を頼りにしつつ、でも最終的には『このドレスが大好き!』という直感を信じて♩

最高に可愛い運命のドレスに出会えますように応援してます♡

この記事に関連するキーワード

ジャンルから好きな記事を探す♡

読みたい記事をここから検索!