花嫁の取扱説明書を新婦友人がつくる♡素敵すぎる西野カナ『トリセツ』の替歌余興動画5選*

花嫁の取扱説明書を新婦友人がつくる♡素敵すぎる西野カナ『トリセツ』の替歌余興動画5選*のトップ画像
2017.02.18 Sat.
32きゅん

西野カナの『トリセツ』は結婚式の余興が元ネタ!

歌手の西野カナの人気曲『トリセツ』は大人気の歌ですよね*2016年のレコード大賞にもノミネートされていて、優秀作品賞を受賞した曲です!

一度はみんな聞いたことがあると思うのですが、これは結婚式で新婦友人が行う定番の余興「新婦の取扱説明書」にぴったりな曲なんです♡

新婦さん。お嫁に行く私たちの大好きな花嫁の、取扱説明書をよく読んで♡

この曲『トリセツ』には、女の子から男性へのお願い事(取扱説明書の中の注意事項)がいっぱい!

曲の内容を説明すると、まず最初は「この度はこんな私を選んでくれてどうもありがとう。ご使用の前にこの取扱説明書をよく読んでずっと正しく優しく扱ってね。」から始まります*

その後、「一点物につき返品交換は受け付けません。ご了承ください。」っていうお願いも可愛い♡

そのあとの歌詞は、具体的な取扱説明書所の内容になるのですが、定期的にほめると長持ちします。や、なんでもない日のプレゼントが効果的....やたまには旅行にも連れて行って、など、女の子だったら「分かるわかる!」と思わず頷いてしまうあるあるネタばっかり!

新婦の友人に替歌を作って歌ってもらうのがお勧めです**

この歌、女性からは共感の嵐が巻き起こる歌なのですが、男性からしてみると「色々要求してきて、女ってやっぱりめんどくさい....」と思ってしまう代表の曲。インターネットの口コミ等を見ていても、男女で評価が分かれます!

だから、これは花嫁さん自身が歌うのではなくて、あくまでも友人にお願いするのがポイント*

花嫁自身が歌うとなんだか強めの印象を受けて、新郎側の親族にもし気難しい人たちが居たら怒っちゃったりする場合もあるかも....と心配しちゃうこともありそうなのですが、

この歌の歌詞の一部を替え歌にして、新婦の友人からのプレゼントで花嫁の取り扱い説明書を新郎宛に贈るのはとーっても可愛くっておちゃめで楽しい*

少しドジとか、責任感が強いとか、花嫁の個性もいっぱい詰め込むことが出来るので、花嫁さん的にもやってもらったら本当に嬉しい余興です!!!

youtubeで人気の『トリセツ』新婦友人余興を見てみよう♩

2015年9月9日のリリース以来、実際の結婚式でもたくさんのこの『トリセツ』の替歌バージョンが余興で行われているみたい♡

youtubeで見付けた可愛い『トリセツ(結婚式余興ver)』をご紹介します*

【結婚式新婦友人余興】西野カナのトリセツ替歌動画①

トリセツの曲自体は、4:17です!いろんなシーン&メンバーで撮影して、編集する動画のパターンが定番です。

最初の、この度はこんな私を選んでくれて~~のところは、「この度は大好きな〇〇を選んでくれてどうもありがとう。」に変更するのがお約束*

【結婚式新婦友人余興】西野カナのトリセツ替歌動画②

こちらは、トリセツというタイトルも花嫁の名前で文字って『マミセツ』という名前に変更しています*

「一点ものにつき返品交換は受け付けません」のところも「(私たちみんなの)大切な人のため返品交換は受け付けません。ご了承ください。」に変えられていて可愛い♡

【結婚式新婦友人余興】西野カナのトリセツ替歌動画③

同じ学校で過ごした友達たちが、校舎に行って撮影してくれた動画です*

顔が小さくてスタイルが良くてナイスバディーだけど、天然すぎるところが多すぎて困ります。でも、そんなとこが花嫁のチャームポイントでもあります♩

だなんて、新婦の友人しか言えないメッセージですよね。

【結婚式新婦友人余興】西野カナのトリセツ替歌動画④

これは、とっても設定に凝った余興動画!人間の取り扱いを研究する博士がいて、その博士のもとに友人たちが結婚する花嫁の取扱説明書を作ってもらいにいく...というストーリーでこの動画が始まります!

【結婚式余興】西野カナのトリセツ替歌動画⑤

こちらは、新婦の友人だけでなく、新郎新婦ふたりのことをよく知る友人たちが集まって、結婚する二人の為に作った動画*

「この度は素敵な式にお招きいただきどうもありがとう。お祝いとしてこの取扱説明書を受け取って。ずっとお互いを優し扱ってね」から始まる、みんなから新郎新婦へのメッセージにじーん*

前半は男性が歌っていて、後半は女性が歌っているのですが、男性の声も味があって本当に素敵です!

結婚式の余興『トリセツ』の替歌に感動♡

結婚生活は、全く別々の個人が共同で家庭を気づいていく共同作業♡

トリセツの歌詞のように、お互いに「古くなってよそ見したくなる時」もあるあもしれませんし、実は相手は気づかない所で頑張り屋さんで、心にためているストレスが溢れてしまうこともあるかもしれません。

昔からなんでも話合える新婦の友人が、花嫁がずっと幸せに暮らせるように新郎が知らないような花嫁の一面を取扱説明書として送るのはとっても素敵なことですよね♩

歌詞の中で、どこをどう置き換えたらその人のことが良く表せるかを考えながら、西野カナの『トリセツ』の歌詞をよく読んでみましょう♩

この記事に関連するキーワード

ジャンルから好きな記事を探す♡

読みたい記事をここから検索!