勘違いしてたらショックです!スタジオ撮影の”全カットデータ”の本当の意味を知ってますか?のトップ画像

勘違いしてたらショックです!スタジオ撮影の”全カットデータ”の本当の意味を知ってますか?

2017.03.13 Mon.
41きゅん

ウェディングフォトはたくさん欲しい♡

前撮り・後撮りを検討している花嫁さん、どこのスタジオのスタジオで、どんなプランで撮ってもらうかもう決まりましたか?♩

大半のウェディングフォトスタジオには、もらえるフォトの枚数によって、プランや値段が決まっていますよね。

「とにかくたくさん欲しいから、全部のデータがもらえるプランがいい♡」と考えている花嫁さんは多いはず*

勘違いしてたらショックです!スタジオ撮影の”全カットデータ”の本当の意味を知ってますか?にて紹介している画像
2
Hoàng Duy Khang

全カットデータは、全てのデータではない?*

多くのウェディングスタジオは、一番たくさん写真データをもらえる「全カットデータお渡し」のプランを設けています。

限られた枚数だけもらえるプランよりも値段は高いですが、何百枚、多いスタジオでは千枚以上(!)のデータを貰えるので人気のプラン♡

でも、この「全カット」や「全データ」という言葉、「撮った全ての写真」と思ってしまいがちですが、実はそうではないんです。

「全カット」=「納品できる水準に達している全てのカット」

全カット・全データという言葉が差しているのは、撮った全ての写真ではなく、カメラマンさんが商品として納品できると判断した全ての写真。

つまり、カメラマンさんが「基準を満たさない」と判断した写真は、一般的には全データの中に含まれません。

勘違いしてたらショックです!スタジオ撮影の”全カットデータ”の本当の意味を知ってますか?にて紹介している画像
2

前撮りや後撮りでは、カメラマンさんは良い表情を撮り逃さないよう、膨大な枚数の写真を撮影してくれますよね*

何秒に一枚、というペースで何時間も撮影し続けるので、中には暗くて表情が見えづらい写真や、目が半開きの写真、前髪が乱れている写真、…そういった「失敗」の写真もたくさん混ざってしまいます。

中には、変な顔をしている自分の写真を見て気分を害する人や、どうせ使わないのだから最初から抜いておいて欲しい!と思う人もいます。

勘違いしてたらショックです!スタジオ撮影の”全カットデータ”の本当の意味を知ってますか?にて紹介している画像
2

そのため、そのような写真を全て抜いた後の、素敵な写真ばかりのデータのことを「全カットデータ」と呼んでいます♡

また、同じような写真が山ほどある場合は、その中でも一番良い写真をカメラマンさんがピックアップして、数枚に絞って渡してくれることも。あまりにもデータが多すぎると一般家庭のパソコンでは取り込むのが大変なので、有難い気遣いです◎

いい写真が全部手に入る、「全カットデータ」プランはやっぱり素敵♡

納品されたフォトのファイル名を見て、「番号が飛んでる!全データプランなのに!」とびっくりするかもしれませんが、抜かれているのは不要なデータのみで、素敵なデータは全て手元にあるので安心してください♡

これから前撮り・後撮りをする花嫁さん、素敵なウェディングフォトをたーーくさん撮ってもらってくださいね♩

この記事に関連するキーワード

ジャンルから好きな記事を探す♡

読みたい記事をここから検索!