可愛い上に細見えも叶う♡今、先輩花嫁さんたちが《袖付きドレス》を選ぶ理由のトップ画像

可愛い上に細見えも叶う♡今、先輩花嫁さんたちが《袖付きドレス》を選ぶ理由

2017.03.24 Fri.
85きゅん

袖つきのウェディングドレスの魅力って?*

ウェディングドレスを探し中のプレ花嫁さん、”袖付きドレス”は選択肢に入っていますか?

海外では定番の袖付きドレス。日本でも昔からあるデザインですが、最近はビスチェタイプのドレスが多く、袖つきドレスを選ぶ花嫁さんは比較的少なめ。検討する前に無意識に選択肢から外していた、という花嫁さんもいるかもしれません*

海外花嫁さんが着ているイメージが強い袖のあるドレスですが、日本でも一部の花嫁さんの間では根強い人気があります♡

袖つきドレスを選んだ先輩花嫁さんは、一体なにが決め手だったのでしょうか♡

見た目だけでは分からない、袖つきドレスの魅力をご紹介します*

袖付きドレスの魅力①露出が控えめ

ウェディングドレスは、上半身の露出が多い衣装。特にビスチェタイプだと、胸元から指先まですべての肌を見せることになります。

袖のあるウェディングドレスは、繊細なレースが肩や腕を覆ってくれるので、あまり肌見せをしたくない花嫁さんにとっては嬉しい◎

お肌の露出が少ない分、上品でおしとやかに見えるのもポイントです*

袖付きドレスの魅力②余分なお肉が目立たない

ウェデングドレスを着る際の花嫁さんの専らのお悩みといえば、プニッとはみ出たわき肉や背肉、タプタプの二の腕。

せっかくお気に入りのドレスを着ていても、お肉がはみ出たり二の腕が揺れたりしていると、残念な花嫁さんになってしまいます。

でも、ビスチェタイプなら避けて通れないお肉問題も、袖つきドレスを選べば解決◎背肉もわき肉もレースが隠してくれる上、半袖や長袖タイプを選べば、二の腕だって気になりません。

結婚式までに過酷なダイエットをする自信がない花嫁さんは、袖ありドレスで細見えを狙うのが吉♡

袖付きドレスの魅力③背中もスッキリキレイに見える

ウェデングドレスを着たときに背中がキレイかどうか。ゲストは案外見ているものです…!

自分の背中をじっくり見る機会なんてありませんが、実はニキビが出来ていたり、毛穴がざらざらだったり、シミがあったり…と結構悲惨だったりします。

エステに通ってつるつるの背中を目指すのももちろん良いですが、そのままお肌を晒す自信がない花嫁さんは、背中もカバーしてくれるデザインの袖つきドレスを選びましょう*

レースごしなら肌荒れもそこまで目立ちません。むしろドレスの凝ったバックスタイルのおかげで、後姿を褒められるかも♡

袖付きドレスの魅力④繊細なレース・刺繍が魅力的

今まで隠せる・目立たないというメリットをお伝えしてきましたが、もちろん体型やお肌に自信のある花嫁さんも、袖ありドレスを選んでいます*

その理由は、ナチュラルで繊細なレースや刺繍♡

袖つきドレスは、レースや刺繍がトップにたっぷりあしらわれたデザインが多いので、繊細なデザインが好きな花嫁さんにとってはたまりません*

レースのデザインによって、ナチュラルな雰囲気になったり、クラシカルな雰囲気になったり…デザインの幅が広いのも魅力です◎

袖つきのドレス、ありかも♡

袖付きドレスの魅力をお伝えしました*見た目が可愛いだけでなく、花嫁さんのコンプレックスもちゃんとカバーしてくれる袖付きドレス。

今までビスチェタイプしか見てこなかった花嫁さんも、「ありかも??」と思ったのではないでしょうか♡

袖つきドレスは、袖の長さや刺繍の模様、レースの色など、デザインがとにかくたくさん♩お気に入りのデザインのドレスを探してくださいね*

この記事に関連するキーワード

ジャンルから好きな記事を探す♡

読みたい記事をここから検索!