新郎新婦にもゲストにも、嬉しいことたくさん♩ご祝儀制でない《会費制結婚式》の魅力って何?

2018.12.27更新!!
きゅん

最近増えている『会費制結婚式』*

プレ花嫁のみなさん、『会費制結婚式』って参加したことありますか??

結婚式は、参加するゲストがお祝儀をお祝儀袋に包んでもってくる『ご祝儀制』が一般的なスタイル。

ご祝儀の額にはルールはありませんが、友人の場合「3万円」を包むのが暗黙のルールになっています*

一方、『会費制結婚式』は、新郎新婦が会費を設定し、ゲストがその金額を受付で直接支払うスタイル。

北海道など一部の地域だけの風習だったこの『会費制結婚式』が、最近広まりつつあります*

今回は、会費制結婚式に向いているカップルや、会費制の魅力、会費の設定の仕方についてご紹介します♩

新郎新婦にもゲストにも、嬉しいことたくさん♩ご祝儀制でない《会費制結婚式》の魅力って何?にて紹介している画像
1

『会費制結婚式』に向いているカップルって??*

従来の『お祝儀制結婚式』ではなく、『会費制結婚式』がぴったりの新郎新婦さんは、こんな方!

☑挙式を二人・家族だけで行い、披露宴のみゲストを招待して行う方

☑結婚式1.5次会を行う方

☑会社関係の人は呼ばず、家族や友人だけで行う方

☑しきたりに囚われないアットホームな結婚式にしたい方

☑結婚式費用を抑えたい方

なぜこれらの新郎新婦さんに会費制結婚式がおすすめなのか、会費制結婚式の魅力とともに見ていきましょう*

会費制結婚式の魅力①形式にしばられない

会費制結婚式は、ご祝儀制結婚式より比較的カジュアルで、自由度の高い結婚式のスタイル。結婚式専門のゲストハウスやホテルの結婚式場ではなく、レストランで行われることが多いです。

会費制結婚式の会費は一般的に8千円~2万円*会費が抑え目な分、演出やおもてなしを簡略化することができます。

例えば、ケーキ入刀やキャンドルサービス、ムービーの演出がなくてもいいですし、引き出物も必要ありません。

「THE・結婚式」という雰囲気ではなく、自分たちらしい内容でアットホームに楽しむことができるんです♡

会費制結婚式の魅力②金銭的負担が少ない

会費制結婚式は、一般的に新郎新婦さんにとっても、ゲストにとっても、金銭的負担が少なくて済みます。

会費制結婚式の会費は、二次会より高めの8千円~2万円が相場。ご祝儀制結婚式では3万円包むのが一般的なので、それよりゲストの負担は少なくて済みます。

その分、新郎新婦の負担が大きくなるのでは…と思ってしまいますが、そうでもありません。

まず、会費制結婚式の場合は、会費の金額にもよりますが、一般的に引き出物やお車代を用意する必要がありません。

ご祝儀制の場合、引き出物はゲスト一人当たり5千円程度のものを準備するので、その分を節約することができます。

また、会費制であれば、結婚式に招待するハードルが低いため、仲の良い方に幅広く声をかけることができます。そのため、二次会は行わないパターンが多いのだとか。

二次会用のウェディングドレスや、幹事さんの参加費、ゲームの景品、プチギフトなど、二次会で新郎新婦が負担する金額は少なくありません。会費制結婚式にして二次会をなしにすれば、その負担も必要なくなります◎

新郎新婦にもゲストにも、嬉しいことたくさん♩ご祝儀制でない《会費制結婚式》の魅力って何?にて紹介している画像
0

会費制結婚式の魅力③費用負担の見通しが立つ

ご祝儀制の結婚式の場合は、当日になってみないと、ご祝儀がいくら集まるか分かりません。

暗黙の了解で友人は3万円、親戚や上司は5万円…となっていますが、もしかしたらそれより少ない額かもしれません。蓋を開けてみたら、想定していたよりずっと赤字だった…!なんてことも。

会費制結婚式の場合、すでに集まる金額が確定するので、事前に負担額を把握することができます。結婚式後のお金の計画が立てやすいですよね◎

新郎新婦にもゲストにも、嬉しいことたくさん♩ご祝儀制でない《会費制結婚式》の魅力って何?にて紹介している画像
0

立場や関係性に関係なく平等に会費が徴収されるので、ゲストにとっも「いくら包もうか…」と悩む必要がありません。

会費制結婚式の魅力をご紹介しました*最後に、会費の金額設定の仕方についてご説明します♡

会費制結婚式の金額設定の仕方。

会費制結婚式の会費の金額は、どんな結婚式の内容にしたいかによって決まります。

ご祝儀制の結婚披露宴の内容(会場、演出、料理など)に近いほど、会費は高くなります。逆に、二次会の内容に近ければ、会費を下げることができます。

ちなみに、アンケート調査によると、会費制結婚式の60%が1万円未満、24%が1万円~1万5千円という会費設定だったそう。大部分の新郎新婦さんが、1万5千円未満に会費を抑えているようです。(みんなのウェディングのアンケート調査より)

自分たちがどんなパーティーをイメージしているのかで、落としどころを見つけましょう*受付で現金を徴収するので、1万円、1万5千円など、切りの良い金額がおすすめです◎

また、会費制結婚式は引き出物がない分、料理のお値段が会費に直結します。「2万円払ってこの料理か…」と思われないよう、高めの会費を設定するのであれば、料理はご祝儀制の結婚式と同程度のランクにするなど、配慮しましょう*

会費制結婚式で、自由なパーティーを*

新郎新婦さんにとってもゲストにとってもメリットのある、会費制結婚式についてご紹介しました♡

挙式を家族だけで行う花嫁さんや、形式にとらわれないアットホームな結婚式をしたいと考えている花嫁さんは、ぜひ会費制結婚式を検討してみてくださいね*ゲストの満足度も高いはずです◎

この記事に関連するキーワード