あなたはどんな道を歩きたい?チャペルの主役・バージンロードの定番デザイン8種類♡

2017.04.08 Sat.
23きゅん

バージンロードのデザインって、挙式会場を決めるうえで重要♡

挙式で、入場の際はお世話になったお父さんと、退場の際は大好きな新郎と歩くバージンロード*

「この会場のバージンロードに憧れて、ここで結婚式をすることを決めた!」という体験談もよく聞くくらい

花嫁さんにとって、バージンロードのデザインや雰囲気って妥協したくない重要なポイントですよね♡

でも、そもそもどんなバージンロードがあるのか思いつかないし、そこまでこだわりもない...という方もいると思います*

そこでこの記事では、花嫁さんに人気のバージンロードの定番デザイン8選をご紹介します♩

雰囲気がそれぞれ違うので、自分だったらウェディングドレスを着てどの道を歩きたいかな?と想像しながら見てみてください♡

バージンロードのデザイン①真っ白の大理石

王道のバージンロードといえば、表面がツルピカに磨かれた真っ白の大理石デザイン*

主張せず、それでいてお上品な空間になるのが魅力です♡

大理石は引っかかりが無いのでとっても歩きやすいし、

新郎新婦の姿や装飾アイテムが床に反射したウェディングフォトが撮れるのもロマンティック♡

バージンロードのデザイン②赤い絨毯

赤い絨毯のレッドカーペット風バージンロードは迫力満点の華やかさ♡

絨毯は布なので摩擦が大きく大理石やガラスよりは足を取られることが多いけど、王道感があって憧れますよね!

女の子らしさたっぷりで、本物はきっとものすごーく豪華なこと間違いなし!

会場が自然と明るい雰囲気になりそうです♩

バージンロードのデザイン③青い絨毯

赤とは真逆のカラーの、青い絨毯のバージンロードもとっても素敵です*

ロイヤルブルーという色もあるとおり、大人っぽくて見ているだけで神聖な気持ちになります...♡

それから、ブルーのお色は純白のウェディングドレスとも相性ばっちり◎

青いバージンロードといえば、アニヴェルセルが有名ですよね*

バージンロードのデザイン④中にお花

バージンロードの中(真下)にお花をたっぷり飾るバージンロードも人気のデザイン♡

ガラス張りの下の華やかなお花を眺めながらバージンロードを歩けるなんて、花嫁さんはとっても幸せで可愛い気持ちで挙式を迎えられそうです*

ガラス張りなので歩きやすいのもポイントのひとつ♩

バージンロードのデザイン⑤中にダイヤモンド

こちらは、バージンロードのガラス張りの下にダイヤモンドが敷き詰められたデザイン♡

会場を暗くするとよく分かるのですが、バージンロード部分がガラスを通してとってもキラキラに輝くので、幻想的な空間のチャペルになるのが魅力です♩

バージンロードのデザイン⑥フラワーバージンロード

花びらを敷き詰めたデザインのフラワーバージンロードも人気ですよね♡

上を歩くたびに、花びらがふさふさ揺れて動きがあるのも素敵*

ピンク、ブルー、ホワイトの花びらを使ってバージンロードを作るのが定番!色を混ぜこぜにするのも良いかも♡

バージンロードのデザイン⑦ライトが当たる

最近話題なのが、ライトを当ててバージンロードの上に模様を出すデザイン♡

プロジェクションマッピングのようで、もはや挙式演出のひとつとしても流行中みたい*

こちらの写真では、フラワーガールと新郎新婦が歩いている位置に雪の結晶を映しています!とってもロマンティック♡

他にも、ふたりの写真をバージンロードにライトアップするのが人気みたい♩

バージンロードのデザイン⑧アイルランナー

最後に紹介するのは、みなさんご存知のアイルランナー♡

バージンロード分の長さを持つ布に、新郎新婦の歴史を写真や文字とともに刻んでいくデザインです*

世界にひとつのオリジナルバージンロードの上を歩けるのでとっても幸せだし、何より家族が喜んでくれそうです♡

どんなバージンロードを歩きたい?♡

いかがでしたか*挙式会場の主役といっても過言ではないバージンロードの、定番デザイン8種類をご紹介しました!

この記事を読んだみなさんが、自分のお気に入りのデザインのバージンロードを、幸せいっぱいの気持ちで歩けますように♡

この記事に関連するキーワード

ジャンルから好きな記事を探す♡

読みたい記事をここから検索!