\結婚式DIY/撮影アイテムとして人気の〔ジャイアントフラワーの作り方〕を徹底解説♩

きゅん

撮影小物として人気のジャイアントフラワー♡

海外ウェディング発のアイデア、ジャイアントフラワー♡今では、おしゃれなウェディングフォトに欠かせない定番アイテムとなっています。

大きなお花を持った花嫁さんは、まるで妖精のよう*ジャイアントフラワーに隠れてkissするキスショットや、プロポーズショットも人気♩

\結婚式DIY/撮影アイテムとして人気の〔ジャイアントフラワーの作り方〕を徹底解説♩にて紹介している画像
@aomushi.wedding

ジャイアントフラワーをDIYしたい!

前撮りや後撮り、結婚式本番に向けて、ジャイアントフラワーを手作りしたいと考えている花嫁さんも多いはず。

卒花@romi0123さんがジャイアントフラワーの作り方を細かく解説してくださっているので、ご紹介します*

ジャイアントフラワーの材料*

ジャイアントフラワーを手作りするために必要な材料や道具は以下。ダイソーやクラフトショップで手に入るものばかりです♡

☑型紙を印刷するためのコピー用紙

☑お花用の画用紙(色・大きさはお好み)

☑がく用の緑の画用紙

☑フローラテープ(緑のビニールテープでも可)

☑園芸用の支柱(ダイソーの洋蘭用45cm)

☑両面テープ

☑グルーガン

☑ハサミ

☑筆記用具

ジャイアントフラワーの作り方①型紙を印刷して切る

テンプレートを使って、ジャイアントフラワーの花びらの型紙を印刷します。

➡ジャイアントフラワーのテンプレートはこちら*

こちらのテンプレートをA4サイズで印刷すると、お花の直径は30cmくらいになるそう。

A3サイズで印刷すると、直径40cmより少し大きめ。

大きさは花びらの広げ具合でも変わるので、あくまで目安として考えましょう♩

花びらの根本の切り込みも切っておきます。

ジャイアントフラワーの作り方②画用紙を切る

型紙を画用紙に写していきます。あとから消せるように鉛筆やシャーペンがおすすめ。外枠だけでなく、切り込みも写すのを忘れずに。

SMLの3つのサイズの花びらを、それぞれ6枚ずつ用意します。

写せたら線に沿ってはさみで切っていきます。そこまで正確でなくても問題ないそう*

切り終えたら、鉛筆で書いた線を消します。気にならない人はそのままでもOKですが、より完成度を高めるためにはキレイに消しておくのがおすすめ◎

ジャイアントフラワーの作り方③丸みをつける

画用紙を丸めて、花びらの丸みをつけていきます。

サイズごとに画用紙を重ねて、外側からくるくる丸めていきます。大きめに巻き込むと良いそう*

真っすぐだけでなく、右左それぞれ斜めにも丸めて癖をつけましょう。

何度か丸めて癖がつくと、画像の下のような状態になります♡もっとぐるんとしっかり丸みをつけたい場合は、丸める際にペンなどを使ってみてください*

ジャイアントフラワーの作り方④切れ目を貼り付ける

両面テープを使って、花びらの根本の切れ目の部分を貼り付けます。これで花びらに立体感が出ます♡

両面テープがない場合、グルーガンやホッチキスでも代用できるそう*

ジャイアントフラワーの作り方⑤花びらを繋げる

大きさごとに、花びら6枚を両面テープで貼り付けて繋げていきます。 真ん中に丸を作る感じで貼り付けると上手くできます♡

右上の写真のようなお花が3つできたら、大きいものが外側になるように順番に重ねて両面テープで貼り付けます。

花びらの広がりが物足りない場合は、この時に調節するとgood◎

ジャイアントフラワーの作り方⑥真ん中部分を作る

続いて、お花の真ん中の部分を作っていきます。

残りの画用紙を、幅10cmほどに細長くカット。サイズには決まりはないそうなので、多少大きかったり小さかったりしてもOK!真っすぐでなく、ガタついていても大丈夫。

カットした短冊状の画用紙を、幅が半分になるように折ります。

折った山側から、1cmくらいを残して深めにハサミで切り込みを入れていきます。深めの方が、あとで大きく広げやすくなるそう。

切り込みを入れる間隔は、おおよそ5〜7mm*

切り込みが入れ終わったら、花びらと同じように手で丸めて丸みをつけます。

丸みがついたらくるくる巻きます。すぐ緩んでしまうので、両面テープやグルーガンで固定しながら少しずつ巻いていくとうまくいきます。

ボリュームを確認しながら巻いていきましょう◎途中でお花の中心に入れてみたりして、調整するのがおすすめです。巻ききってもまだ大きさが足りない場合は、もう一度切り込みを入れた画用紙を用意して、外側に巻いていきます。

好みの大きさになったら、両面テープやグルーガンでゆるんでこないように固定します。裏側も軽くグルーガンで固定しましょう*

筒の真ん中が少し盛り上がるように裏側から押すと、丸く見えて可愛くなります♡

茎をつけない場合は、花びらの真ん中の穴を画用紙を貼ってふさぎ、そこにグルーガンで中心部分を貼り付けて完成!

茎をつける場合は、まだ花びらと接着せず、次の行程に進みます。

ジャイアントフラワーの作り方⑧組み立てる

必要なパーツが揃ったので、いよいよ組み立て作業に入ります。

ガーデニング用の支柱を3本合わせて、フローラテープで巻きつけます。

画用紙を5cmくらいの短冊状に切り、半分まで切り込みを入れます。気持ち細かめがgood*

上を2cmくらい残し、支柱に巻き付け、両面テープで固定します。切れ込みを入れた部分は外側に倒します。

支柱をお花の上から真ん中の穴に通します。切れ込みを入れた部分がストッパーの役目になるので、グルーガンで固定します。

下側も、穴を開けた画用紙を支柱に通して、お花の底面に貼り付けます。

上下とも、ぐらぐらしなくなるまでグルーガンを使って固定*

ジャイアントフラワーの作り方⑨がくをつける

お花の下につける「がく」を作ります。

緑の画用紙は1色でもよいですが、3色あるとグラデーションになってキレイ*ハサミでカットして、葉っぱの形を作ります。

お花と茎の部分に、グルーガンで貼り付けます。全体の雰囲気を見ながら、必要な枚数だけ貼り付けましょう。今回は9枚使っているそうです*

最後に、葉っぱを貼り付けた根本を隠すようにフローラテープを巻きつけます。

ジャイアントフラワー完成♡

ジャイアントフラワーの完成です!ふんわり丸みを帯びた花びらがとってもキュート*

中心部分やがくも丁寧に作りこんでいるので、上から見ても下から見ても可愛らしい仕上がりになっています♡

画用紙は折れやすいので、完成したら本番まではできるだけ触らず保管しておきましょう。

ジャイアントフラワーDIYに挑戦してみて*

前撮りや結婚式で大活躍する、ジャイアントフラワーの作り方をご紹介しました♡

時間のかかる大掛かりなDIYですが、お花の色や形など好きにアレンジできるのが嬉しいですよね*

ぜひ挑戦してみてください♩

\結婚式DIY/撮影アイテムとして人気の〔ジャイアントフラワーの作り方〕を徹底解説♩にて紹介している画像
@chihiro_wedding1022

この記事に関連するキーワード