両親、祖父母が特に喜んでくれる!2人の大切な軌跡『家系図』の紹介の仕方3選*

きゅん
95ba48bf bd15 4b05 bdee eb2cffc2daf6

両家のことを、もっとよく知るためには?

結婚とは、両家と両家の繋がり*

自分の家族や親せきを見つめ直し、相手の家族を知る・知ってもらう機会です♡

そして、お互いの家族のことをもっとよく理解し合うために行うことと言えば、両家顔合わせや結納、挙式前の親族紹介が定番ですよね。

最近はこれらの行事以外にも、いつ見ても振り返ることができるように、〔あるカタチ〕として両家の繋がりを残している花嫁さんが増加中♡

結婚式で、家系図を紹介しましょ*

その〔あるカタチ〕とは、家系図です*

家系図は、みなさんご存知のとおり家族の系譜を書き表した図表のことで、誰と誰から誰が生まれて...ということが一目で分かる優れものアイテム!

だから結婚後に、彼の家族の系譜が分からなくなっちゃっても安心だし、何より家系図って、家族の繋がりが感じられてとっても素敵ですよね♡

両親や祖父母も、興味を持って眺めてくれること間違いなし*

でも家系図って、ただ紙に書くだけじゃ物足りないし、結婚式でお披露目できるくらい素敵なアイテムを作って家族を喜ばせたい...!

インスタグラムで見つけたオススメの家系図の紹介の仕方3選をご紹介します♩

家系図の紹介の仕方①ウェルカムボードにする!

まず初めに紹介するのは、ウェルカムボードならぬ家系図ボードを作るアイデア*

こちらの花嫁さんはなんと、作家さんに1人ずつの似顔絵を描いてもらい、それをウェルカムボードにしたんだとか♩

一人ひとりの特徴をよく捉えた似顔絵の家系図は、きっと両家の宝物になるはず!披露宴の最後、両親贈呈品としてプレゼントしたらとっても喜んでくれたそうです♡

糸と名前シールで作る家系図ボードも凄い♡シンプルで、暖かみがあって、とっても分かりやすいデザインです*

結婚式の主役・新郎新婦の部分は赤い糸で結ばれているのもロマンティック♡

そしてよーく見ると、両親の部分にも小さなハートが♩これは嬉しいデコレーションですね♡

家系図の紹介の仕方②プロフィールブックに載せる!

次に紹介するのは、家系図をプロフィールブックに載せるアイデア*定番なので、これは考えていたよ!という花嫁さんも多いのでは?

プロフィールブックももちろん素敵だけど、親族以外にも、会社の人や友人を披露宴に多く呼ぶ場合は、両家顔合わせのしおりや、親族紹介用の為の冊子を特別に作るのもオススメです♡

ペーパーアイテムなので、みんなの写真を綺麗に入れられるのも嬉しいポイント♩

とっても見やすい家系図アイテムの完成です♡

家系図の紹介の仕方③ウェディングフォトを撮る!

最後に紹介するのは、前撮りや後撮りで家系図のウェディングフォトを撮るアイデア*

壁に両親や兄弟の写真を貼って、それを線で繋げて、ぱしゃり♡新郎新婦がしっかり名前カードを持っているのも素敵♩

データが届いた後に家族に見せたら、私も写ってるー!と喜んでくれること間違いなし!

前撮り撮影にお互いの両親が現地まで来てくれる場合は、リアル家系図フォトを撮るのも良い!

撮り方は、太めの赤い紐やリボンを準備して、カメラマンさんに上から撮ってもらうだけ*

前撮りや後撮りじゃなくても、兄弟姉妹に協力してもらえれば近くの公園などでも撮影できるかも!両親がOKしてくれたらぜひやってみてください♡

どうやって、家系図を紹介する?♡

いかがでしたか?両家がもっと仲良くなるためには、家系図を作ってどんな人がいるのか知ってもらうのがおすすめ♡

両親や祖父母が喜んでくれること間違いないし、何より自分たちがこの世に生まれて、そして巡り合えた奇跡に感謝することもできます*

ぜひ、ウェルカムボードやプロフィールブックなどに家系図を載せたり、家系図フォトを撮ってカタチとして残してみてはいかがでしょうか♡

この記事に関連するキーワード