デザインの決め手!ウェディングケーキの表面を飾る【生クリームの塗り方】の種類⑧パターンをおさらい♡

きゅん

ウェディングケーキのデザインにこだわりたい♡

披露宴の目玉、ウェディングケーキ♡どんなデザインにするか、いろんなケーキの画像を見ながら毎日悩んでいる花嫁さんも多いはず*

何段にするか、どんなフルーツを飾るか…そういったことももちろん大事ですが、忘れてはいけないことがあります◎

それは、ケーキ表面の生クリームのデコレーションについて♡

ウェディングケーキは、表面の生クリームのデザインによって印象が全く変わってきます*

同じ白いケーキでも、ドットなら可愛らしい雰囲気に、ストライプなら高級感のある雰囲気になります。

自分の理想のケーキには、どんなナッペ(スポンジにクリームを塗ること)の仕方が合うのか、プレ花嫁なら知っておくべき♡

今回は、主なデザインを8パターンご紹介します♩

ウェディングケーキの生クリームの塗り方①ストライプ

シンプルおしゃれ派の花嫁さんに支持されているのが、こちらのストライプ模様*ナイフでクリームを削るようにデコレーションしています。

洗練された雰囲気のウェディングケーキ◎

ストライプ×アラザンの組み合わせは大人っぽくてとってもおしゃれ♡

ストライプの間隔によっても印象が変わるので、理想のデザインの画像をプランナーさんに見せるのがおすすめです。

ウェディングケーキの生クリームの塗り方②ボーダー

ボーダー模様も、定番のデコレーション。飾るフルーツやお花によって、カジュアルにもラグジュアリーにもなる万能デザイン♡

真っすぐではないラフなボーダーは、海外っぽくておしゃれ♡細かいフリルのようなデザインが素敵ですね♩

ウェディングケーキの生クリームの塗り方③シンプル

表面をなめらかにナッペした、つるんとしたシンプルなウェディングケーキもおすすめです◎

あえて模様をつけないことで、飾りのケーキトッパーやフルーツ、お花、グリーンなどを目立たせることも可能♡

ウェディングケーキの生クリームの塗り方④ドット

キュートなデザインにしたいなら、つるんと仕上げた表面にポチポチとドット模様をつけたデコレーションがおすすめ♡シンプルなケーキに、遊び心を加えることができます◎

ドットの大きさや間隔も大切!プランナーさんとしっかり打ち合わせをしておきましょう。

ウェディングケーキの生クリームの塗り方⑤ラフ

ナイフでラフに生クリームを塗りつけたデザインもおしゃれで素敵。ナチュラル感を出したい花嫁さんにおすすめです。

飾り付けがシンプルでも、表面の生クリームに動きがあるので、寂しい印象にはなりません♡

ウェディングケーキの生クリームの塗り方⑥編み目

表面まで凝ったデザインにしたい!という花嫁さんにおすすめなのは、まるでカゴのような細かい編み目模様。

遠くから見ると、ケーキの側面がもこもこして見えてとっても可愛いんです♡

一番下の段だけ編み目模様にして、他の段をシンプルなデザインにすれば、メリハリが効いておしゃれ*

ウェディングケーキの生クリームの塗り方⑦斜め

さっと斜めに流したデザインは、こなれた雰囲気に◎凝り過ぎないデザインがいいけれど、ストライプもボーダーも何だかイメージと違う…という花嫁さんにおすすめです。

斜めの陰影がとってもおしゃれ。

ウェディングケーキの生クリームの塗り方⑧薔薇

ぐるぐると生クリームを絞った、薔薇模様のデコレーションもあります。ケーキの側面に薔薇が咲いているような、華やかなデザイン♡

こちらの画像のようにピンクのクリームを絞れば、ピンクの薔薇が咲いているみたい♩

一段だけ薔薇模様にしたり、段ごとにクリームの色を変えてグラデーションの薔薇にしたり、好みのアレンジに挑戦してみて◎

どんな生クリームデコレーションにする?♡

ウェディングケーキの表面に塗る生クリームのデザインを8パターンご紹介しました*

この他にも、パッチワーク風のデザインや、フリル風のデザインなど、凝ったデザインはたくさんあります♡

「これだ!」と思うものを見つけて、プランナーさんに相談しましょう♩

結婚式当日、自分の世界に一つだけのケーキがどんな表情を見せてくれるのか、とっても楽しみですね♡

この記事に関連するキーワード