【難易度別】絶対写真に残る《乾杯グラス》を可愛くデコレーションする方法5選

きゅん
First b

乾杯ショットは欠かせない♡

結婚披露宴の始まりを告げる、乾杯。新郎新婦さんが仲良くグラスを傾けている乾杯ショットは、ウェディングフォトの定番ですよね*

この乾杯ショットをさらに華やかにするのが、グラスのデコレーションです♡

デコレーションした乾杯グラスは、オリジナル感たっぷり♡写真に残る乾杯ショットも特別なものになります。

「でも、グラスにまで時間をかけてこだわっている余裕がない…」という方もいるはず。

そこで今回は、難易度の低い、真似しやすいアイデアから順番にご紹介します♡

どの方法なら取り入れられそうか、考えながら見てみてください♩

グラスを可愛くする方法難易度①リボンを結ぶ

もっとも簡単でシンプルなデコレーション方法は、リボンを結ぶこと♡

結婚式のテーマカラーに合わせたリボンを結ぶだけで、グラスを持った手元がパッと明るくなります*

お花は持ち込みNGだけど、リボンなら持ち込んでOK!という会場もあるので、確認してみてください。

私も自分の結婚式では、お家に余っていたリボンを結んでもらいました♡

費用も手間もかからない、一番簡単なグラス装飾のアイデアです♩

グラスを可愛くする方法難易度②お気に入りグラスを持ち込み

続いては、お気に入りのペアグラスを持ち込みするアイデア*

最近は雑貨屋さんやインテリアショップに可愛いペアグラスがたくさん売っていますよね♡

結婚式の場に合うような、シンプルでおしゃれなデザインのものを、乾杯グラスとして使いましょう*

その後の新婚生活でも使い続けることができるのも嬉しいポイント。グラスを使う度に、結婚式の日のことが思い出されそう♡

お気に入りブランドのグラスを持ち込んでも◎

こちらの花柄のグラスは、有名シャンパンブランド『ペリエジュエ』のグラスです♡華やかで素敵ですね*

梱包・運搬の手間はかかりますが、ペアグラスを持っている・買おうと思っていたプレ花嫁さんにおすすめのアイデアです。

乾杯グラスを可愛くする方法難易度③グラス装花をオーダー

続いては、会場にグラス装花をオーダーする方法*

フローリストさんと装花の打ち合わせの際に、「グラス装花も」とお願いすればいいだけなので、時間や手間はかかりませんが、他の方法よりも予算はかかってしまいます*

費用は、一脚あたり千円~1万円と会場によって幅があるみたい。まずは確認してみましょう♡

高砂装花やゲストテーブル装花と雰囲気が統一されているので、おしゃれに見えます♡

本物のお花を飾ったグラスなんて、自分の結婚式くらいしか使う機会がないので、特別感がありますよね*

グラスを可愛くする方法難易度④グラスドレスをDIY

時間をかけてこだわりたい!というプレ花嫁さんは、グラスドレスを手作りするのがおすすめです。

新郎新婦さんの衣装をモチーフにしたグラスドレスは、結婚式らしくて写真映えも◎

乾杯グラスとしてだけでなく、ウェルカムスペースの装飾アイテムとしても使えそう♡

タキシード&ドレスのデザインではなく、お花やキャラクターをモチーフにしたグラスドレスもあります*

自分の結婚式に合うオリジナルデザインにできるのも、手作りの魅力です♡

➡〔グラスドレス〕の記事一覧はこちら*

グラスを可愛くする方法難易度⑤オリジナルグラスを作る

最後にご紹介するのは、オリジナルデザインのグラスを手作りする方法!ポーセラーツでグラスに模様を入れることができます♡

ふたりのイニシャルや挙式日などを入れられるのも嬉しいですよね*

ポーセラーツの教室に行って作るプレ花嫁さんが多いみたい*

世界に一つだけの、結婚式で使ったオリジナルグラス。一生ものになりますね♡

グラスを可愛くデコレーションしましょ*

披露宴の乾杯シーンで使う、乾杯グラスのデコレーションアイデアをご紹介しました♡

真似できるアイデアから、こだわりのアイデアまで。どの方法が気になりましたか?♩

ちょっとした工夫で印象が変わるので、ぜひ挑戦してみてください*

【難易度別】絶対写真に残る《乾杯グラス》を可愛くデコレーションする方法5選にて紹介している画像
@tamu_wedding

この記事に関連するキーワード