ラブオブジェDIYに欠かせない♡100円ショップダイソーの「貼れるボード」って知ってる?

きゅん

ラブオブジェを手作りしたい*

結婚式のウェルカムアイテムや撮影小物として人気が高い「ラブオブジェ」*

ラブオブジェは、「LOVE」の形の土台にペパナプフラワーやフラワーペタルを貼り付けて作ります♡

土台には、発泡スチロールや段ボールが使われることが多いのですが…

最近、プレ花嫁さんの間では、あるアイテムがラブオブジェの土台にぴったりだと話題!

ラブオブジェDIYに欠かせない♡100円ショップダイソーの「貼れるボード」って知ってる?にて紹介している画像
@t_a.wedding402

「貼れるボード」って知ってる?

そのアイテムとは、100円ショップダイソーに売っている「貼れるボード」です!

貼れるボードとは、片面がシールになっているスチレンボード(発泡密度が高い、固めの発泡スチロール)。大きさは450mm×300mm、厚さ5cmのしっかりとしたボードです。

なぜこの貼れるボードがラブオブジェの土台に人気なのでしょうか?その理由をご紹介します♩

ラブオブジェDIYに欠かせない♡100円ショップダイソーの「貼れるボード」って知ってる?にて紹介している画像
@tmoo814

ダイソーの貼れるボードの魅力①発泡スチロールよりも丈夫で扱いやすい*

まず、ダイソーの貼れるボードは発泡スチロールよりも丈夫な素材で出来ているのが特徴◎

ラブオブジェやハッピーオブジェの土台には発泡スチロールが使われることが多いですが、柔らかく壊れやすいのが難点。

貼れるボードは通常の発泡スチロールよりも硬いので、テーブルラウンドなど動かすことが多いオブジェにも最適*

さらに、発泡スチロールはカッターで切ると断面がボロボロが崩れてしまいがちですが、貼れるボードはスパっと綺麗に切ることが出来ます♩

DIY中も部屋が散らからないし、結婚式場でゴミが出ることもないので、とってもオススメ♡

ダイソーの貼れるボードの魅力②貼ることが出来る*

貼れるボードは裏面がシールになっているので、直接布や紙を貼ることができます。わざわざボンドやグルーガンを使う必要はありません◎

紙や布など薄くて接着面の広い素材だけでなく、ペパナプフラワーを貼ることも出来るみたい♩

ボンドやグルーガンを使って貼るのは手間がかかりますが、最初からシールになっていれば、手間なくDIYすることが出来ます*

ダイソーの貼れるボードの魅力③目盛りが付いてる*

最後にご紹介する魅力は、裏側が方眼になっているので手作りしやすいということ◎

目盛りが付いていると、下書きをしたり切ったりするときに目安になるので便利ですよね♩作業のしやすさが格段に違います◎

DIYのためにわざわざ長い定規を買わなくて済むみますね。

ラブオブジェを作るなら♡貼れるボードがおススメです*

ラブオブジェやハッピーオブジェ、イニシャルオブジェを手作りするなら、貼れるボードを土台にするのがおススメ♡

☑発泡スチロールよりも丈夫で使##☑貼ることが出来る

☑目盛りがついている

こんなに便利な材料が100円でいいの!?と驚いてしまいます。

最近の花嫁さんが重宝している理由がわかりました*

また、ラブオブジェの土台以外にも、こんな風に写真を貼ってフォトパネルとして使うのもおススメ*

フォトフレームより安く、そのまま飾るより立体的に飾ることが出来ます♩

貼れるボードが買えるのは、100均のダイソー*

色んな使い方が出来そうなので、たくさん結婚式DIYに活用してください♡

この記事に関連するキーワード