片手で?両手で?ブーケは持つの?【ケーキ入刀】の時の仕草、正解は何かを考えてみる*

2019.09.18更新!!
きゅん

【絶対にいっぱい写真を撮られる】ケーキ入刀の瞬間。

披露宴でも二次会でも、ウェディングケーキへケーキ入刀する瞬間は盛り上がる時間。

司会の方の「シャッターチャンスです!みなさん前へどうぞ!」のアナウンスと共に、

ゲストのみんなは高砂の近くまで来てくれて、新郎新婦の初めての共同作業を温かく見守って写真に収めてくれます。

【疑問】ケーキ入刀の時って、どう動けばいいの???

いろんな花嫁さんのウェディングレポを見ていて思ったことがあります。

それは、「ケーキ入刀する時のポーズって、どうしたらいいんだろう??」という事。

インスタグラムでいろんなケーキ入刀の瞬間の写真を見ていると、

花嫁さんの動作には大きく分けて2パターンあって、まず

『両手をナイフに沿えるのか』

『片手でナイフを持つのか』

のどちらかのようでした。

片手で?両手で?ブーケは持つの?【ケーキ入刀】の時の仕草、正解は何かを考えてみる*にて紹介している画像
@pinkr_

そして、その次の選択肢として、装花を付けるか付けないか。

片手でケーキカットするのか、両手でケーキカットするのか。

装花の有り無しの計4パターンの実際の花嫁さんのレポを見ながら、

それぞれの良さと特徴について考えてみましょう。

【ケーキ入刀の瞬間】パターン①両手でナイフ装花無し

まずは、両手でナイフを持ってケーキカットした花嫁さんの画像から。

新郎が最初にナイフを握って、新婦はその上から右手でナイフを握って、左手は添えるようにするのが基本ですよね*

両手でナイフを持つと、丁寧な印象が伝わってきて、仲睦まじい温かい雰囲気になるのがポイント。

グローブもリストレットもナイフ装花も無しのシンプルな手元は、左手薬指の結婚指輪が際立って上品で素敵です。

ブライダルネイルもしっかり見えますね♡

【ケーキ入刀の瞬間】パターン②両手でナイフ装花あり

こちらは、両手でナイフを持って、ナイフ装花を付けたバージョン。

ナイフ装花がポイントになって、ゲストから見える印象は華やかになりますし、

写真にも奥行きが出るような気がします。正統派ウェディングのイメージ。ナイフは、長めの方が品が良く見えますね♩

ウエディングケーキには使われていない色のお花やリボンを使ってケーキカット用のナイフをデコレーションすると目立つのでお勧めです。

【ケーキ入刀の瞬間】パターン③片手でブーケを持つ

こちらは、右手でナイフを持って、左手はブーケを持ったままにする「片手でケーキカット」するバージョンのウェディングレポ♡

このスタイルのケーキカットの瞬間の良いところは、何よりも

お気に入りのブーケが絶対に写真に残ること!

披露宴の中でブーケを持っている瞬間って、入場と退場の時くらいでそんなに長い時間ではないので、しっかりと写真に収めるために

色んな角度からシャッターを浴びることになるケーキカットの瞬間もブーケを持っておくのはお勧めです*

ただ、ブーケを持つ角度や姿勢によってはだらしなく見えたりぎこちなく見えたりするので、片手でブーケを持つ時は

しっかりとどこから見ても美しく見えるように事前に研究しておいた方が良いかも。

美しく見える角度はブーケの大きさやデザインにもよるので、色々試してみましょう*

【ケーキ入刀の瞬間】パターン④ブーケは持たずに手首にアクセサリーを

ブーケを持たずに、両手でケーキカットをしたい。でも、手元が寂しくなるのは嫌....!

という花嫁さんは、ナイフ装花だけでなく、手元に目立つアクセサリーを付けるのがおすすめ*

キラキラビジューのリストレットが素敵です*リストレットを披露宴でつける花嫁さんは、ケーキカットの瞬間にしっかりと写真にお気に入りのリストレットを写してもらいましょう♡

こだわりを持って選んだアクセサリーですが、結婚式当日は写真にしっかり写してもらう機会が少なくって、後で後悔したという声も多くく聞きます。

ケーキカットのタイミングのカメラマンさんへの指示書には、しっかりアクセサリーを写してください!とお願いしておきましょう*

手元のアクセサリーは、リストレットだけではありません。グローブも立派なアクセサリー。

ロイヤルウェディングのような気品あふれる雰囲気です♡

【ケーキカットの姿勢の正解】ちなみに、新郎は???

ちなみに、ケーキカットの瞬間の仕草で、新郎にとってらいたいポーズはこちら。

右手でナイフを握って、左手は新婦の腰に回してもらいましょう♡

女性をリードして、思いやってくれている、男らしさが伝わってくる仕草です♡

ケーキカットの瞬間。手はどうするか、装飾はどうするか問題*

新郎新婦がウェディングケーキに入刀する、結婚式披露宴の中でも指折りのシャッターチャンスの瞬間。

初めての共同作業として多くのカメラからシャッターを切られて、思い出に残る時間になるはずですが、そんな瞬間をどんなポーズで、どんなアクセサリーで迎えるのが良いかを考えてみました*

シンプルにすると上品で清楚な印象に、

アクセサリーを増やすと、賑やかで可愛らしい雰囲気になります。

目指す結婚式の雰囲気やテーマと合わせて、どんなふうに見られたいかを考えて

コーディネートや仕草を選んでください♡

この記事に関連するキーワード