ナプキンだけ!最初のお皿「ショープレート」を置かないテーブルコーディネート例*

2019.09.13更新!!
きゅん

ショープレートは、無くしてもOK!

結婚式のテーブルコーディネートは、フレンチやイタリアなどのレストランと同じようなセッティングが基本。

☑乾杯用のグラスと飲み物用のグラス

☑ナイフやフォークなどのカトラリー

☑ショープレート

☑ナプキン

☑席次表やメニュー表などのペーパーアイテム

が並んでいることがほとんどで、

これらのアイテムの組み合わせで、コーディネートをどうしようか決めます♩

でも。

この中で、「無くしても良いもの」があります。

それは、ショープレート!!

ショープレートを無くす理由・メリットは?

ショープレートというのは、ゲストが来る前からテーブルの上に置いてある、お皿のこと。

メニュー表やナプキンが乗っている、最初から置いてあるお皿です。

あのお皿は別名「位置皿」と言って、ゲストがどこに座るべきか・どこにカトラリーなどを設置するべきかを示すための、飾りのお皿。

お料理がそこにサーブされることはなく、最初のお料理のお皿が運ばれてくる前に、ショープレートは下げられることになっています。

(ショープレートの下に、メッセージ入りのカードを忍ばせる方もいらっしいますよね♡)

ショープレートは、テーブルコーディネートの中でも目立つ存在なので、お皿のデザインがとっても重要!

結婚式のテーマや、テーブルコーディネート、一緒に並べるペーパーアイテムの雰囲気にあったお皿を選びたいところです*

でも、

結婚式場に好みのデザインのショープレートが無い!

という場合や、

好みのショープレートに変更をする場合はオプション料金になるけど、その予算はかけたくない。でもプラン内のショープレートでは満足できない!

という場合は、ショープレートを使わないというテーブルセッティングをする選択肢もあり◎

実際に、

作ったペーパーアイテムと雰囲気が合わないのでショープレートを使わなかったという花嫁さんの例も多くて、

それでも十分素敵にコーディネート出来ます♡

ショープレートを使わないテーブルセッティング事例*

ショープレートを使わない場合のテーブルセッティングは、ナプキンを置く位置が、位置皿の代わりの役割になります。

ナプキンを普通に平たく折って、その上に席札を立てるだけでとってもおしゃれ*

可愛らしくミッキーやミニーちゃんの形に折ったナプキンをそのままテーブルに並べるのは、ミニーちゃんがいっぱいいるみたいでキュートです♡

自由に、お気に入りのゲストテーブルコーディネートを作ろう♡

披露宴のゲストテーブルのテーブルセッティングは、自由にコーディネートしてOK♡

ショープレートも、絶対に使わないといけない!という決まりはありません。

ペーパーアイテムや装花と合わせてみて、イメージが全然違う!これは嫌だ!という場合は

ショープレートを取り払ってしまうのもありです◎

全体のコーディネートを考えて、一番しっくりくる、お気に入りの組み合わせを作ってください♩

この記事に関連するキーワード