出来る嫁だって思われる♡顔合わせ食事会は、両家に『招待状』を送るのが丁寧!

2017.12.07 Thu.
27きゅん

\しおりだけじゃない/顔合わせに用意したいペーパーアイテム*

プロポーズされて結婚が決まったら、その次は両家へのご挨拶。

①お互いの家に報告に行く

②両家顔合わせをする

③結納をする

④結婚式をする

という順番です*

最初に両家があつまるのは顔合わせ食事会ですが、この時に「しおり」を作るのはもう定番。

でも、最近は更に丁寧に、両家顔合わせの為の『招待状』を作るプレ花嫁さんがいるみたいなのです**

両家顔合わせ食事会の招待状を作る!

両家顔合わせの約束は、たいていにおいて

新郎は新郎の家族に、

新婦は新婦の家族に、

「〇月〇日に〇〇で顔合わせするよ!〇時に来てねー!」と電話やLINEでお知らせするだけ、という場合が多いはず。

そんな中、「招待状を作って郵送して届ける」というのは、

とっても丁寧で、手間暇がかかっていて、マメな印象!

何でもできちゃう、素敵なお嫁さんと結婚するんだなぁ、と相手のご家族に思ってもらえそうです♡

何を書けばいいの??

両家顔合わせの招待状に書きたい事は、

☑お越しくださいのメッセージ

☑開催の日時

☑開催の場所

☑出来れば、場所の地図

です*

しおりと同じような内容ですが、結婚式の招待状と同じような「挨拶文」が付きます。

手書きのお手紙を送るのは最上級に丁寧*

招待状は、パソコンでデザインを作って、印刷するのがメジャーですが

中には手書きでお手紙を書いて、ご連絡をする花嫁さんも。

直筆のお知らせなんて、最上級のおもてなし。

自分がもし新郎の家族だったら、「良い人と結婚するんだなぁ」と思いますよね*

顔合わせ食事会に招待状を送ると丁寧で安心♡

顔合わせの時間や場所は、お互い自分の実家の家族に「ココに何時に来てねー!」と連絡するだけの場合が多いはず。

でも、例えば

新郎がちゃんと家族に連絡をしてくれているか不安!という場合や

遠くから来ていただくので、もっと丁寧にご連絡したい

などという場合には、招待状やお手紙を書いて郵送するのも素敵です♩

いろいろ準備することが多くて、忙しいプレ花嫁期間ですが、より思い出深いものになるように楽しみましょう♩

出来る嫁だって思われる♡顔合わせ食事会は、両家に『招待状』を送るのが丁寧!にて紹介している画像
0
@m_wedding_0930

この記事に関連するキーワード

ジャンルから好きな記事を探す♡

読みたい記事をここから検索!