いつ見てもらえばいいの?ゲスト全員に手紙をプレゼントする「メッセージウォール」の渡し方*

きゅん

最近じわじわ人気「メッセージウォール」♡

海外では定番で、日本でも最近じわじわと人気になってきたアイデア「メッセージウォール」*

メッセージウオールとは、結婚式の日に、新郎新婦からゲスト全員・ひとりひとりへの手紙を用意し、

壁に飾っておき、きてくれたゲストにプレゼントするというもの♡

☑ゲストに感謝の気持ちを伝えることが出来る

☑会場装飾にもなる

☑フォトブースにもなる

と良いこと尽くしのアイデアです♩

では、一体このメッセージウォールは、どのタイミングでゲストに取ってもらうのが良いのでしょうか?

《メッセージウォール》手紙を取ってもらうタイミング①ウェルカムスペースで受付したらすぐに

まず最初にご紹介するのは、ゲストが結婚式場に着いてすぐ、受付をしたタイミングで取ってもらう方法*

挙式が始まるまでの待ち時間に、新郎新婦さんからの手紙を読むことが出来るのが嬉しいポイント◎

新郎新婦さんからの愛情がたっぷり詰まった手紙を読んで、幸せな気持ちのまま結婚式の一日を過ごしてもらえます♩

《メッセージウォール》手紙を取ってもらうタイミング②披露宴の前

披露宴会場の入り口に、席次表ボードの形でメッセージウォールを置くアイデア*

ウェルカムスペースに置くと挙式の間中ずっと手紙を持っていなければならないのがちょっぴり不便ですが、披露宴会場の前に取ってもらえばそのまま席でゆっくり読んでもらって、読み終わったら引出物の袋にすぐに入れておけます◎

席次表ボードも兼ねれば、一石二鳥のアイデアですよね♩

《メッセージウォール》手紙を取ってもらうタイミング③お見送りのとき

最後にご紹介するのは披露宴の一番最後、お見送りをするときに手紙を取ってもらうアイデア*

結婚式の一番最後に、ゲストにサプライズ的な感覚で渡せるのが魅力的です♡

ゲストは家に帰って、ゆっくり結婚式のことに浸りながら読んでくれるはず◎

ゲストに感謝の気持ちを伝えられる「メッセージウォール」を用意しよう♩

ゲストに手紙を渡すアイデア「メッセージウォール」をご紹介しました♡

ゲストへのメッセージと言えば席札の裏に書くのが定番ですが、一人一人に手紙を書いたら絶対に感動してくれるはず…!♡

メッセージウォールを用意するときは、渡すタイミング・渡す場所も考えながら作ってみてください♩

この記事に関連するキーワード