海外風ヘアアレンジの2トップ!フィッシュボーンとウォーターフォールの作り方講座*

きゅん
First a

海外風のヘアアレンジといえば♡

自分で髪の毛を可愛くセルフアレンジできる女の子が増えた今の時代*

海外風のおしゃれなヘアアレンジといえば、

『フィッシュボーン』と『ウォーターフォール』の2トップが人気ですよね♡

でも正直、どっちもやり方が分からない...初心者だし難しそうだから今まで避けてた...という方も多いのでは?

実は両方とも、慣れれば意外と簡単に、そして凝って見える素敵な髪型を作れちゃうんです♩

今回は、結婚式お呼ばれヘアにもなるフィッシュボーン&ウォーターフォールの作り方を紹介します*

まずはフィッシュボーンのやり方とアレンジから*

フィッシュボーンは、直訳すると魚の骨って意味。その名前通り、三つ編みよりも細かくて複雑な編み目をしているのが特徴*

くしゅっと崩すと、ナチュラル感たっぷりの雰囲気になるのが素敵なポイントです♡

作り方動画をじっくり見てみて♩

フィッシュボーンの作り方動画はこちら*

①フィッシュボーンにする髪束を2つに分ける

②外側から少量の毛束をとる

③それを反対側の毛束の内側に足す

この3ステップを繰り返していくだけ!髪の毛をどんどん交差していくイメージです♡

毛束を多めにとると編み目の大きいい華やかなフィッシュボーンに、

毛束を少なめにとると編み目の細い華奢なフィッシュボーンになります♩

フィッシュボーンのおすすめアレンジ♡

フィッシュボーンで一番王道のアレンジは、やっぱりこちらの編みおろしスタイル*

編み込んだ部分の髪の毛を引っ張って、全体的にふわっと&くしゅっとさせるのがおしゃれに見せるコツです♡

ハーフアップに結んで垂らした髪の毛をフィッシュボーンするのも女の子らしくてかわいい♩

髪の毛を全部まとめて編み込むよりも少量なので、比較的簡単なはず!ぜひチャレンジしてみてください*

最後に紹介するのは、トップの髪の毛をフィッシュボーンして、毛先部分はお団子にした髪型*

トップをフィッシュボーンすることで全体的にかなり華やかな印象になります♡

ツインテールにするのも可愛く見えそうです♩

次はウォーターフォールのやり方とアレンジの紹介*

続いて紹介するウォーターフォールはフィッシュボーンよりもマイナーですが、これをマスターしたらセルフアレンジ上級者♡

ウォーターフォールは、滝から水が流れ落ちているみたいな、不思議な編み目が特徴です*

作り方動画はこんな感じ♩

難しそうなイメージのあるウォーターフォールの作り方動画はこちら*

①耳上の髪の毛を2つの毛束に分けて交差させる

②上から新しい毛束をとって、交差させた毛束の間に入れる

③その新しい毛束は編み込まずにそのまま下に落とす

④さらに新しい毛束をとって、交差させた毛束の間に入れる

この繰り返しです!最初は頭がこんがらがってしまうほど難しいですが、まずは見よう見まねで挑戦してみましょう*

ちなみにウォーターフォールは、毛束を落としていくことから捨て編みとも呼ばれているそうです♩

ウォーターフォールのおすすめアレンジ♡

サイドをウォーターフォールしていって、最後はゴムで留めるのが主流ですが...

こんな風に、毛先でお花を作ったり、リボンを作ったりするアレンジが美容師さんの間で流行っているみたい♡

セルフじゃ難しいので、美容院に行った時などにお願いしたいアレンジのひとつ♩

編み込み部分の髪の毛が2段になったダブルウォーターフォールも珍しくて素敵♡

作り方は、上の段を一通り編んだあとに、下の段を同じように編んでいく感じだそう*

ウォーターフォールは、ショートヘア・ボブヘアの女性にも人気のアレンジです♡

片方のサイドから編み込んでいって、もう片方のサイドで留めるのが良さそう*

編み目部分にヘアアクセサリーを飾っているのが可愛いですねっ!

フィッシュボーンとウォーターフォールをお勉強*

結婚式のお呼ばれヘアにはもちろん、日常のセルフヘアアレンジの参考にしたい

フィッシュボーンとウォーターフォールの作り方とおすすめアレンジを紹介しました*

この2つをマスターできたら、レパートリーが一気に増えて毎日の髪型を考えるのが楽しくなること間違いなし♡

セルフアレンジにハマっている方はぜひ練習してみてください♩

この記事に関連するキーワード