twitterで話題!「6月の異名」が美しすぎて感動。いくつ知っていましたか?

2020.06.03公開
きゅん

水無月以外の!6月の別名が素敵*

6月は、旧暦で「水無月(みなづき)」という和風月名をもっていますよね。

これは、5月に田植えがおわり、田んぼに水を引く時期であることが由来。あいだの「無」は、「無し」という意味ではなく、助詞の「の」という意味です。

twitterで話題!「6月の異名」が美しすぎて感動。いくつ知っていましたか?にて紹介している画像

そんな6月には、「水無月」という呼び方以外にも、旧暦(陰暦)での異名があります。

異名は、1月から12月まで全部の月にあるのですが、6月を表す言葉があまりにも美しすぎる...とTwitterでも話題になっていました。

知っていたら素敵だなぁ♡

綺麗な日本語だなぁ♡

と思ったので、ご紹介します。

*6月の旧暦(陰暦)の別名一覧*

「鳴雷月(なるかみづき)」

雷鳴が多い月

「風待月(かぜまちづき)」「松風月(まつかぜづき)」

暑くなってきて、風が待ち遠しくなる月

「青水無月(あおみなづき)」

緑が茂る月

「涼暮月(すずくれづき)」

涼しい暮れ方の月

「夏越の月(なごしのつき)」

夏越の祓い(上半期に溜まった穢れなどを落とし、下半期の息災を祈願する神事)が行われる月

「蝉の羽月(せみのはづき)」

蝉の羽根のような薄い着物を着る月

「常夏月(とこなづき)」

常夏の花の盛んな月

「水張月(みずはりづき)」

田んぼに水を張る月

素敵な日本語に触れられて嬉しい*

6月のことを、陰暦で水無月や雷鳴月というのは知っていたけれど、他の異名は初めて知りました。

素敵な、綺麗な日本語に触れられて心が洗われたような気分♡

手紙を書くときなどに、使ってみたくなります。

twitterで話題!「6月の異名」が美しすぎて感動。いくつ知っていましたか?にて紹介している画像
@haruno45

➡ジューンブライドさんは必見*夏の始まり・6月の誕生花と花言葉リスト♩

➡昔から憧れてた『ジューンブライド』♡6月に結婚したら幸せになれるという言い伝えの本当の由来を知ってる?

この記事に関連するキーワード