王道ではないけど間違いなくトレンド。岩場でのウェディングフォトがおしゃれ

2021.09.19公開
きゅん

岩場でのウェディングフォト

海でのロケーションフォトといえば青い空に海、そして砂浜というイメージでしたが、最近は「ビーチよりも岩場」を選ぶ新郎新婦も増えています。

海岸の端のほう。

ゴツゴツとした岩場の上に立っての、前撮りです。

これまでは、

「岩場がフォトスポットになるなんて考えたことなかった。だってちょっと荒涼的な雰囲気だし」

「いくら自然と言っても、岩場って、波や海風にさらされた剥き出し感の強いワイルドな自然だよね...」

「海外のウェディングフォトではよく見るけど、日本の感性からすると岩場って、サスペンスドラマに出てくるような、なんとなく暗くて鬱屈としたイメージ」

と思っていた人のほうが多かったかも。

でもそれこそが、岩場フォトの本当の味わい深さ。

岩場は、人の手が入っていないありのままの飾り気のない自然の場所。

可愛いとかハッピーとかよりも、「海外っぽくてアンニュイで、おしゃれで儚くて、でもドラマチックでラスティックな、雰囲気重視」の写真を撮れるのが、岩場フォトの魅力なんだろうなぁと、そう思います。

こんな写真が撮れる*

とはいえ、一様に岩場フォトと言っても、時間帯や天候によっても写真の雰囲気は大きく変わるもの。

「色味が抑えられた、マットでセピア風なイメージ」というのは共通点としてありながらも、出来上がりの写真は百人百様です。

<①>

前撮りの日は晴れてほしいと願う花嫁さんが大半だと思いますが、岩場フォトなら曇り空のほうが情緒ある雰囲気になりそう。

まるで別世界にいるような気持ちになってきます♩

<②>

岩場に乗って、ふたりで見つめあって。

真っ青な空よりは、淡い色味のぼんやり空のほうが岩場フォトにぴったり。

<③>

大きな岩場の海岸なら、あえて二人で距離を取って。

ドラマやミュージックビデオに出てきそうなシーンです。

<④>

自然光が感じられる、比較的明るめのこんな岩場フォトも素敵。

<⑤>

岩場に腰かけて談笑している写真。バックに海も緑も見えて、壮大な一枚です。

<⑥>

引きで撮ると、かなりドラマチック!外国にいるようです。

<⑦>

後ろ姿ショットも趣あり。

<⑧>

日が落ちる、夕どきが絶好の狙い目タイミングです。

有名な岩場はどこ?

岩場でのウェディングフォト撮影地は、特定のこのビーチが人気!というのは今のところあまりない気がしますが、

エリアでいくと、関東なら湘南、葉山、逗子(三浦半島)エリアが定番。

中には、近場にある大きめの海岸を選んでいたり、もしくは地元の人しか知らないような小さな海岸で撮影している人もいるみたい。

<いくつか海岸をピックアップ>

◆一色海岸(神奈川県葉山町)

◆城ケ島公園(神奈川県三浦半島)

◆剱崎海岸(神奈川県三浦半島)

◆芝崎海岸(神奈川県三浦半島)

◆稲村ヶ崎海岸(神奈川県鎌倉市)

◆君ヶ浜海岸(千葉県銚子市)

◆鵜原理想郷(千葉県勝浦市)

◆立岩海岸(京都府京丹後市)

◆東尋坊(福井県坂井市)

岩場で、海外のような写真を*

海外っぽいワイルドなおしゃれさで、ここ数年ぐんぐん人気になってきている岩場でのロケーション撮影。

王道ではないけれど、間違いなく前撮りのトレンド・旬♩

彼にも相談してみて、ぜひ岩場フォトを撮りにいってみてください。

➡これから増えていく?!ラスティック&ワイルドな雰囲気のウェディングフォトを撮る為コツとポイントまとめ

この記事に関連するキーワード