外国の招待状diyでは定番!【式場の絵を飾り紙にする】アイデアが良いかも♩

2021.11.26公開
きゅん

飾り紙について♡

招待状diyの定番といえば、飾り紙。

封筒を開けたときの内側のところに、別の模様の紙を貼り付けてアクセントにするためのもの。

英語では、envelope liner(エンベロープライナー)といいます。

式場のイラストの飾り紙も!

飾り紙って、お花模様だったり、水彩タッチのイラストだったり、絵画だったりが多いと思うのですが、

外国では【結婚式をする会場】を飾り紙にするのも定番。

リアルな写真ではなくて、ふんわりした(色鉛筆や水彩画っぽい)タッチで描かれた式場のイラストを飾り紙にするのです♡

こんなイメージ。

(♡)

(♡)

(♡)

(♡)

(♡)

ゲストからしたら、結婚式場の外観の雰囲気をなんとなくでも掴めるのが良いですよね。(初めて足を運ぶ場合は特に!)

当日、「招待状で見たところだ~!」と思ってもらえるはずだし、私がゲストだったら絶対に、招待状の飾り紙と一緒に建物の写真を撮ります♡

飾り紙にするのは、建物以外でも良い*

チャペルの中の景色を飾り紙にするのも良いし、

お外のガーデンでも良い♡

この、【結婚式場のどこか好きな場所・好きな眺めのイラストを飾り紙にする】というアイデア、とっても素敵なのでおすすめです♡

➡飾り紙の記事は他にもこちらから*

この記事に関連するキーワード