カラフルな市松模様みたい♡ウェディングキャンバスはマス目を作って塗ってもらう方法もあり!

2022.05.22公開
きゅん
Original product

ウェディングキャンバス♡

最近おしゃれな花嫁さんたちの間で挙式でよく選ばれている、キャンバスアートセレモニー。

🎨受付時にゲストに一筆ずつ1本線を引いてもらい、

🎨挙式で新郎新婦も同じように線を描き、サイン(署名)を入れて完成させる

という流れでみんなでつくりあげる結婚証明書です♡

用意する絵の具の色のチョイスも重要で、ふたりの好きな色にしたり、お家に飾ることを考えて家具の色に合わせたり...と考えるのも楽しいポイントですよね。

【進化してる】マス目を作るデザインもすごい♡

そんなウェディングキャンバスは

✅太めの刷毛でシュッと掠れ気味のストロークを自由な場所に描いてもらって、

✅その1本線がみんなの分重なってひとつの模様になるのがおしゃれ

というのが醍醐味のアイテム♡

でも、日々違うアレンジが生み出されていて。

みんなとはちょっと異なるやり方でつくられたウェディングキャンバスを見つけたので、ご紹介♩

こちら♡

ゲストに色を塗ってもらう部分を、ランダムではなく【統一されたマス目】で区切っているんです♡

枠取られた1マスずつに色を塗ってもらうことで、カラフルな市松模様みたいな仕上がりに♡

(中には、ハートを上から描いている人も♡)

筆ならではの、シュッとしたブラシストローク風の見た目はなくなりますが......

きっちり正方形に塗る人もいれば、ちょっとはみ出す人もいたりして*

一人ずつの塗り方の癖などもバラバラで均一ではないので、味わい深くておしゃれ。

こんな見た目のウェディングキャンバス(キャンバスアートセレモニー)も、可愛いですよね♡

➡ウェディングキャンバスのデザイン事例まとめ

この記事に関連するキーワード