ロケ撮影では定番!しゃぼん玉を使ったウェディングフォトのお手本写真集♡

2022.06.02公開
きゅん

しゃぼん玉フォトを撮りたい♡

きらきらのシャボン玉いっぱいのウェディングフォトって、爽やかで幻想的で可愛い。ポスターみたいな雰囲気で、お外でロケーション撮影するなら撮りたい定番ショットです♡

そんなシャボン玉フォトは、大きく3つのパターンに分かれています。

✅自分たちでふーっと吹くパターン

✅シャボン玉マシーンを使うパターン

✅外からシャボン玉を飛ばしてもらうパターン

それぞれの写真をご紹介するので、こんなイメージで撮りたいな~~♡と思う構図をぜひ見つけてください。

(KIYOKOHATA×marryドレスの撮影でも、しゃぼん玉を使って撮影したことがあります♡撮影のときは、人が吹くのではなくて、機械でいっぱい飛ばしました。)

自分たちでシャボン玉を吹く♡

カメラに向かって♡

目線はシャボン玉に♡

ちょっと変わった、大きな吹き口の道具を使って♡

ふたりで同じポーズで♡

花嫁さんだけ吹いて、新郎はそれを見つめる構図も可愛い。

頭上にかざして、風でシャボン玉を飛ばす...という撮り方も素敵。

シャボン玉マシーンを使う♡

ふたりでひとつのシャボン玉マシーンを持って♡

吹くタイプよりも、威力があってたくさん出てくるのが良いですよね。

韓国では、KaeKidという動物×カメラ型のシャボン玉マシーンが人気みたい♡

➡楽天で買えます

こちらも♡

ナチュラルな感じに見えます。

花嫁さんだけが持つのも可愛いですよね。

外から飛ばしてもらう♡

最後は、外(周り)からシャボン玉を飛ばしてもらって撮るウェディングフォトをpick up。

頭上に飛ばすと、まるでシャボン玉のシャワーみたい♡

ナイトフォトだと、こんな幻想的な雰囲気になるんですね。綺麗♡

シャボン玉って、すすき畑にもぴったり♡

シャボン玉を手前で飛ばすと、ぼんやり写りこむのがおしゃれ。

公園っぽい背景でも、シャボン玉が飛んでると、特別っぽく見えますよね♡

シャボン玉が少ないかも...と思ったときは、キラキラの光の粒の加工をアプリで加工するのもあり。

➡玉ボケ風加工のやり方はこちら

白背景だとあまり見えないですが、新郎のスーツに映えるシャボン玉で、ふわふわ飛んでるのが伝わってくる撮り方も可愛い♡

ロケ撮影するならしゃぼん玉フォト♡

シャボン玉を使ったウェディングフォトを見ていて思ったのが、シャボン玉を使うと自然と笑顔も引き出されてる感じがしませんか.....??それでより、写真全体が可愛い雰囲気になっているのを感じました。

色んなパターン・ポーズがあるので、ぜひロケーション前撮りで撮ってみてください♡

この記事に関連するキーワード