海上保安庁で使われてた本物の海図。リメイクされた〖海図封筒の招待状〛がおしゃれでわくわく感あり♡

2022.07.11公開
きゅん

海図、見たことある?

「海が好き」

「旅が好き」

「船が好き」

そんな花嫁さんにおすすめの、おしゃれな封筒デザインを紹介。

文房具ショップや本屋さんなどで買える、海図封筒です♡

海図(かいず)というのは、海上の地図と書くとおり、私たちが普段使っている地図の海バージョンのこと。

海を航海するために必要な水路の状況が記録されています。

(水深や地形、航路標識、海底にある危険物などが載ってるみたい)

廃盤になったものを再利用してる

こちらの写真のお店🔽(山田文具店さん)で販売されている海図封筒は、海上保安庁で実際に使用されていて、水路の変更や地形の変化などで改版され、廃盤になった以前の海上の地図を再利用して作られたもの。

他にも、一部の文房具ショップや本屋さんなどでは、廃棄された海図を再生し、封筒やメモ帳、ブックカバーなどのステーショナリー類に形を変えて販売しているのです。

(コピーではなく、本物の海図だから貴重♡)

こちらの写真は、SAKANA BOOKSさんで買えるレターパッド。

海図を普段から読んでいるのは、海上保安庁で働いている人や航海士さん、漁師さん、船舶免許を持っている人など。

普段見慣れない人からしたら、普通の地図と違って勉強しないと読み解くのは難しいですが.......

数字やうねうね線や、水色・茶色・白の3色の感じがおしゃれで、世界地図と同じように、見てるとわくわくしませんか...?♡

結婚式DIYで*

結婚式DIYでは、世界地図を使ったデザインって、たまに見ますよね。

それと同じ感じで、海図の封筒を結婚式の招待状におしゃれに使っている花嫁さんもいらっしゃいました♡

海図は、メーカーで作られるときにランダムに切り出して繋ぎ合わせられてるそうなので、封筒一つずつが唯一無二の模様なのも特徴。

地形の部分や、海の部分など、みんな違うデザインで特別感があり。

レトロな感じも可愛いです♡

茶色いシーリングもぴったりですね。

地名が英語で書かれているのもおしゃれ。

こんな封筒がポストに届いたら、興奮しちゃいそう...!♡

雰囲気を損ねないように、クリアの料金別納シールを貼るアイデアも天才。

(文字が判別しづらいと郵便局で戻される可能性もあるので、そこだけ要注意です*)

海図封筒、心くすぐられる*

海図って、大航海時代の冒険のイメージや、旅のわくわく感を連想させて、心くすぐられるデザイン*

海上保安庁で、海の安全を守るために実際に使われていた本物の海図が、文房具屋さんなどでペーパーアイテムに姿を変えて販売されてるって、すごいですよね。

ぜひ、招待状封筒やその他アイテムのDIYに、使ってみてください。

➡楽天でも販売しています

この記事に関連するキーワード