ウェディング感が強くない!式後はインテリアとして自然に・おしゃれに飾れる見た目のアイテム11選

2022.07.28公開
きゅん

結婚式が終わったらインテリアに*

ウェルカムボードや結婚証明書、リングピローなど、結婚式のために用意するものは盛りだくさん。

いろんなウェディングアイテムを準備しますが、式が終わったらインテリアにして、玄関やリビング、寝室など、お部屋に飾っておきたい!と考えている花嫁さんも多いはず。

インテリアにするなら、いかにもウェディングっぽいデザイン(前撮り写真をどーんとのせるなど)ではなく。

単体で見たら、そこまで結婚式感を感じないような...

なるべく普段の暮らしや周りの家具インテリアに馴染みそうな、おしゃれな見た目のものを選ぶのがおすすめです♡

たとえばこんなデザインなら、インテリアにするのに良さそう♡

どうでしょうか...?

ゲストに絵の具で線を描いてもらう、ウェディングキャンバス♡

「せっかくなら家に飾りたいと思ってこれにしました」という理由で選ぶ花嫁さんも多い、インテリアにしやすいアイテムです。

3~4色ほどカラーをするので、自分たちの家に合う色にしたい♡

一枚板で作る、大きな木の結婚証明書。

将来、木のぬくもりを感じるマイホームを建てたい!なんて考えている夫婦にぴったり。

観葉植物と並べて飾るのも素敵じゃないですか?

ちょっと変わった珍しいデザインですが...

マクラメの結婚証明書♡(ゲストにリボンを結んでもらって、完成させます)

ウェディングアイテムをインテリアにするというよりは、身近なインテリアを結婚式で使う!という発想が素敵。

一枚の革に、ゲストにイニシャルを刻印してもらう結婚証明書。

柔らかい色味のレザーと、ランダムにイニシャルが散らばった模様がおしゃれ♡

結婚式感も強くなくて、お部屋に飾ったら可愛い空間になりそう。

流行りのテクスチャーアートをウェルカムボードにして、式後はインテリアにするアイデアもおすすめ。

重曹と絵の具をキャンバスボードに広げて作るアートなのですが、グラデーションや凹凸の質感、抽象的な模様がおしゃれで、今っぽい♡

ウェルカムスペースにもお家にも、可愛く飾れそうです。

テクスチャーアートには作る人の数だけ色んな模様が生まれるので、自分でDIYしてみるのもよし。

Instagramで好きな作家さんを見つけてオーダーするもよし。

自分の部屋に合いそうなデザインを見つけましょう♡

➡テクスチャーアートの詳しい記事はこちらから*

最近見かける、名画のウェルカムボード♡

自分たちの写真やイラストを使ったウェルカムボードよりは、インテリアとして長く、おしゃれに飾れそう。

➡名画のサブスクをご紹介

真鍮プレートのリングピローも、式後はそのままインテリアにできるウェディングアイテムのひとつ。

玄関のシューズボックスの上で、アクセサリーや鍵を置くのに使いたい。

さっき紹介した重曹アート(テクスチャーアート)のリングピロー。

絵の具でボコボコした月面のようなキャンバスに指輪をしまうのがおしゃれで、お家にお客さんが来たときに、むしろ見せたいデザインです♡

ガラスプレートのリングピロー。

主張が強くないのにおしゃれだから、キッチンの棚やカウンターに、ディスプレイとして飾りたくなります。

アフターブーケは、押し花で作るのが定番ですが...

一枚のキャンバス絵画にしてお花の思い出を残すのも、新居の壁かけインテリアとしてぴったりです♡

marry shopの絵画のアフターブーケでは、写真を送ってもらうだけで、お好みの雰囲気でキャンバスいっぱいにお花の絵を描き上げます。

➡オーダーはこちら

ウェディング感が強くない!式後はインテリアとして自然に・おしゃれに飾れる見た目のアイテム11選にて紹介している画像
@haruno45

キャンバスよりはもうちょっと小振りなサイズで、カジュアルに他のフォトフレームとかとも合わせて飾りたいなー!という場合は、ゴールドのガラスフレームverも可愛いのでおすすめ♡

結婚式のブーケ以外に、ドレスやウェディングケーキ、ペットなどのオーダーも可能。

リクエスト通りに、お好きな絵をオリジナルで描き上げます♡

➡オーダーはこちら

ウェディング感が強くない!式後はインテリアとして自然に・おしゃれに飾れる見た目のアイテム11選にて紹介している画像

飽きずに、飾りつづけられる

どうでしたか.....??

💒結婚式場でも

🏠お家でも

おしゃれに飾れる、インテリアにするのにぴったりのウェディングアイテムのデザインをご紹介しました。

前撮り写真がどーんと印刷されたボードはいつか恥ずかしくなってしまったり...

造花で作ったリングピローはいつか昔っぽいなぁと思ってしまったり...

そうしていつのまにかタンスの肥やしになることも多いのですが、この記事で紹介したアイテム・デザインは、いつまでも飽きずに、ダサいとも思わずに、飾り続けられそうじゃないですか...?

ウェディングアイテムを用意するときの視点は、

【部屋に馴染むか・インテリアとしておしゃれか】で決めるのも、良さそうです♡

この記事に関連するキーワード