先輩花嫁さんに学ぶ!結婚式のカメラ&ビデオのプランを選ぶポイントまとめ*

2017.04.07公開
きゅん

結婚式のカメラやビデオって、プランがいっぱいで迷っちゃう、、、!

幸せな1日を記録する結婚式のカメラやビデオ*結婚式場のプランだけでも結構な数あるし、ビデオもプランが色々とありますよね。

結婚式のカメラやビデオのプランって、なんだか専門用語が色々出てきてよくわからないもの。

例えば「全データお渡し」「500カット以上」「一眼レフビデオ」など。こんな用語が普通に書かれていますが、実際のところ「何が違うのかよくわからない、、、」という花嫁さんだって多いはず。

今回は、結婚式の写真やビデオにまつわるプランの詳細、メリットやデメリットをご紹介します♩

最後には、実際に卒花嫁さんが選んだプランもご紹介するので参考にしてください♡

結婚式のカメラ・ビデオのプラン①「全データお渡し」って何?

結婚式のカメラのプランで必ずと言って良いほど見るのが『全データ』という文字。「全データお渡し」や「全データ納品」と書かれていることが多いです*

この全データというのは、結婚式で撮った写真を全部データで渡しますよ!というもの。全部の写真がデータで貰えるので、後から加工をしたり、年賀状などにも使ったりできる人気のプラン◎

ですが、全データが貰えるのでその分お値段も高くなるし、「納品のデータが多すぎで全部を見るのが大変!」という花嫁さんの声も。

今時花嫁さんの多くは全データを選んでいる人が多い印象です♩

➡全データの詳しい記事はこちらをどうぞ*

結婚式のカメラ・ビデオのプラン②〇〇カットって何?

結婚式のカメラのプランで「〇〇カット」という言葉もよく使われています*

この〇〇カットは「〇〇カット以上納品」「目安〇〇カット撮影」と記載されている場合が多くあります◎

〇〇カットとは、写真の構成が違う1枚のこと。結婚式のカメラマンは、目瞑りなどを防ぐために同じような写真を何枚も撮ります。何枚か撮った同じような写真の中で、1番良い写真を「カット」と呼ぶことが多いようです*

なので、例えば「500カット納品」とは「500回シャッターを切りますよ」ということではなく、「500カット(500枚)良い写真を渡しますよ」ということ。

では、結婚式ではどのくらいのカットが求められるのでしょうか??

私の結婚式では全データを頼んだのですが、大体このくらいのカット数がありました*

メイクルーム(ファーストミート込):70カット

挙式前のちょっとしたフォトシューティング:30カット

親族紹介:30カット

ウェルカムスペース、受付:30カット

挙式リハーサル:30カット

挙式:160カット

ウェルカムパーティ(フラワーシャワー、集合写真など):90カット

披露宴:530カット

二次会:230カット

このような内訳で約1200カットを納品してもらいました*私はこの内容で充分すぎる内容でした♡

なので、例えば300カット納品だと全てのシーンの枚数が全データカット納品を頼んだ私の4分の1程度になるということ。600カットだと、それぞれのシーンのカットが半分くらいになります◎

何枚くらいの写真が欲しいのか、お値段と相談しながら考えてみてください♩

結婚式のカメラ・ビデオのプラン③カメラやビデオって、1人か2人(1台か2台)どっちが良いの?

結婚式のカメラマンさんやビデオさん、頼むか頼まないのかはもちろんのこと、頼むと決まったら1台にするのか2台にするのかも悩みどころ。

1台と2台で、そんなに変わるの、、、?と思いますよね。例えば、2台になるとこんなシーンを撮ることができます◎

✓挙式リハーサルや親族紹介とゲスト受付を同時に撮れる

✓挙式のシーンを(新郎側と新婦側・新郎新婦とゲスト・前からと後ろから)などと色んな角度から撮れる

✓入場のシーンを前から・後ろから撮れる

✓テーブルラウンド中に他のゲストの写真を撮れる

✓1人はしっかりとした写真を中心、1人は雰囲気ショットをメインに撮れる

✓ゲスト全員からのお祝いコメントムービーを残せる

カメラやビデオが2台になると、新郎新婦とゲストが違うシーンにいる場合に両方の写真が撮れたり、挙式や演出などを違う角度から写真に残せるというメリットがあります*

1台か2台かで撮れるシーンは大きく変わりますが、もちろん値段も変わってくるもの。どちらにするのかよーく考えてみてください♩

結婚式のカメラ・ビデオのプラン④一眼レフビデオって何?

ビデオのオプションプランでよく見かけるのが「一眼レフビデオ」というもの。これはその名の通り、一眼レフを使ってビデオを撮るものです◎

映りの良い一眼レフビデオは、普通のビデオとは違いなめらかな動きと画質の綺麗さが特徴*大きなテレビで流しても、とっても綺麗♡

私は一眼レフビデオを頼んで、5年程前に結婚式を挙げた姉の普通のビデオと比べてみたのですが(もちろん5年で普通のビデオも画質が向上しているとは思いますが)一眼レフの方が圧倒的に、恥ずかしくなるくらい綺麗でした。

もちろん値段との相談にはなると思いますが、素人目で見てわかるほど普通のビデオと一眼レフビデオは違ったので、私は一眼レフビデオがおススメです◎

結婚式のカメラ・ビデオのプラン⑤DVDとブルーレイって違うの?

最近の結婚式場では、ビデオのオプションでブルーレイが選べるところもありますよね◎

DVDとブルーレイの違いはご存知の通り、レンタルビデオショップでDVDとブルーレイを借りればその差はわかると思います*

私はビデオを申し込んだときの特典でDVDもブルーレイも貰えたのですが、「見比べると」やっぱり画質の綺麗さが全然違いました!ですが、実際のところ「見比べなければ」私はわからないかな、、、と思ったのも事実です。

また、両親と義両親にもDVDとブルーレイを渡したのですが、両親も義両親も家でブルーレイが見られないとのことで返却されました、、、!

私はDVDもブルーレイもあったので良かったのですが、もしご両親に渡そうと考えている花嫁さんはご実家でブルーレイが見れるかどうかを確認しておくのがおススメです◎

結婚式のカメラ・ビデオのプラン⑥アルバムはどう選べば良いの?

結婚式のアルバムが、結婚式場で付いてくるプランもありますよね◎カット数が一緒でも、アルバムによって金額が大きく変わるところもよくあるみたいです*

このアルバムは、好きなものを選びましょう♩ページの1枚の厚さや質感などによって印象が大きく変わるポイントなので、実際に手に取って見せてもらうのがおススメ◎

結婚式場でアルバムを頼むときは、中の写真が選べない場合も多くあるみたい!中の写真を選びたい場合は、選べるのかどうかも確認しておきましょう*

最近では、結婚式場でアルバムを頼まず、データだけ貰って外注のアルバム屋さんに頼む新郎新婦さんも増えてきています◎

結婚式のカメラ・ビデオのプラン⑦先輩花嫁さんは何を選んでいるの?

では、実際に先輩花嫁さんはどのような写真・映像を選んでいるのでしょうか?私と私の友人に実際に効いたプランをご紹介します*

~* 私の選んだプラン *~

カメラ:メイクルームから二次会まで、全データ納品:15万

アルバム:未定(外注のアルバム屋さんにお願いする予定です)

ビデオ:メイクルームから二次会まで2カメラ、一眼レフ、DVDとブルーレイ納品:10万

当日エンドロール:7万

トータル:32万円+アルバム料金

*~ 友達が選んだプラン① ~*

カメラ:400カットデータ納品

アルバム:60ページ 100カット

ビデオ:あり

当日エンドロール:あり

合計:50万円

ひとつひとつの値段は忘れてしまったそうですが、カメラとビデオには力を入れたそうです◎

~* 友達が選んだプラン② *~

カメラ:300カットデータ納品 18万

アルバム:あり(カメラ代金に含む)

ビデオ:挙式と披露宴、ブルーレイ、2カメラ 26万円

当日エンドロール:10万円(挙式~フラワーシャワーまで)

合計:54万円

当日エンドロールは再入場までにすると+8万円かかるので、挙式のシーンだけにしてもらったそうです。当日エンドロールも撮るシーンによってお値段が大きく変わるんですね、、、!

結婚式のカメラやビデオは悩みどころ。内容をしっかりと理解して、納得の記録を残そう♩

結婚式のカメラやビデオのプランについてご紹介しました*結婚式のプランはよくわからないし難しい、、、という場合が大半だと思いますが、わからないままにしたら思っていたものじゃなかった!ということになってしまうかも。

しっかりと内容を確認して、後悔しないように幸せな1日を記録に残してください♡

この記事に関連するキーワード