プロのカメラマンに聞いた!結婚式当日の写真を素敵に撮るために、新郎新婦さんに伝えたいこと3選◎

きゅん

結婚式で、素敵な写真を残したい*

「結婚式では、素敵な写真をたくさん残したい!」花嫁さんなら誰でもそう思っているはず♡

理想の写真を残すために、好きなテイストのカメラマンさんにお願いをしたり、たくさん指示書を作ったりする人も多いと思いますが、、、

素敵な写真を残すためには、カメラマン選びや指示書作りの他にも、カメラマンさんが良い写真を撮れる環境をつくるのがとっても大事♡

腕があるカメラマンさんなのに、当日カメラマンさんの腕が発揮できないのが一番勿体ないこと!

そこで今回は、実際に現場で働くカメラマンさんに、素敵な写真を撮るために新郎新婦さんに伝えたいことを聞いてみました*

ブライダルカメラマンが新郎新婦さんに伝えたいこと①挙式のリハーサルは本番のチャペルで!

カメラマンさんが新郎新婦さんに伝えたいことのひとつ目としては、挙式のリハーサルは本番のチャペルでやってほしい!ということ*

挙式のリハーサルって、本番のチャペルではなく別の会場や控室でやることも多いんです。

これは結婚式場によって出来る・出来ないがあると思いますが、「リハーサルは本番の会場で行いたい」と言ってみてください◎

なんで挙式のリハーサルは本番のチャペルじゃないといけないの?

なぜ挙式のリハーサルを本番のチャペルの方が良いのでしょうか?

理由は挙式のリハーサルでは、本番では撮れない写真が撮れるから*

例えば、

✓指輪交換のアップの写真

✓結婚証明書を書いているときの手元ショット

✓バージンロードの真ん中から撮る写真

などは、ゲストが大勢いる挙式中ではなかなか撮れないもの。新郎新婦さんもゲストも、新郎新婦さんのすごーく近くにカメラマンさんがずっといたり、バージンロードを行ったり来たりしていたら集中できません、、、!

なので、挙式のリハーサルでは本番に撮れない写真をカメラマンさんが撮ってくれるんです*

アルバムに入れるときも、リハーサルで撮った写真を本番のように入れることが出来るので、メリハリのある素敵なアルバムに仕上がります*

ブライダルカメラマンが新郎新婦さんに伝えたいこと②ゲストのカメラはカメラマン以外の人にお願いするのが◎

次にご紹介するのは、ゲストのカメラはカメラマンさん以外にお願いをした方が良い!ということ。

ゲストのiPhoneやカメラで写真を撮るとき、カメラマンの人に写真撮影をお願いすることってよくありますよね*

でも、カメラマンさん的には時間のロス!カメラマンは一分一秒の素敵なシーンを狙っているのに、他のカメラをお願いされることによって素敵なシーンが撮れなくなってしまう可能性があるんです、、、!

お金を払っているカメラマンさんには、良い機材を使って良い写真を撮ってもらうのが一番良いこと。

iPhoneやデジカメでの写真は誰でも撮れるので、式場のスタッフさんや他のお友達にお願いをした方が、カメラマンさんは素敵なシーンを撮るのに集中してくれます♩

ブライダルカメラマンが新郎新婦さんに伝えたいこと③カメラマンは指名した方がお互い思い入れが出来る*

最後にご紹介するのは、カメラマンは指定をした方が良いということ*

外注する場合はそもそもカメラマンさんを選んで依頼するので良いのですが、式場のカメラマンさんでも何人かいる場合は指定を出来るかどうか聞いてみてください♡

カメラマンさんだって人なので、指名をされたら嬉しいし「頑張って良い写真を撮ろう」と思ってくれます◎

もちろん指名をしなくても同じように素敵な写真を撮ってくれますが、指名をされ期待をされたら嬉しいし、期待以上に応えたくなるのが人間というものです。

花嫁さんも指名をした以上はカメラマンさんに思い入れが出来るはずなので、固くならず良い表情の写真を撮ってもらえそう♡

なので、ぜひカメラマンさんは事前に会って、指名をするのがおススメです◎

素敵な写真を撮るにはカメラマンさんが動きやすいようにするのが◎思い出に残る写真を撮ってもらおう*

ブライダルカメラマンが新郎新婦さんに伝えたいことを3つご紹介しました♡

カメラマンさんは結婚式の素敵な写真をいつも狙っています*より素敵な写真を撮ってもらうためには、カメラマンさんが動きやすいような環境をつくるのが必要不可欠◎

ぜひカメラマンさんから新郎新婦さんへの話しを含めて、素敵な写真をたくさん撮ってもらってください♡

➡プロのカメラマンに聞いた!わかりやすい指示書の作り方とは?

この記事に関連するキーワード