最後は彼にビシッと決めてほしいから♡「新郎謝辞」を考える時に参考にしてほしいネタまとめ*

2019.09.17更新!!
きゅん
First a

披露宴の締めくくりは「新郎謝辞」*

披露宴の締めくくりと言えば、新郎謝辞*

新郎からゲストへの感謝の気持ちを述べる、言うなれば披露宴の集大成♡

彼にビシッと決めてもらって、披露宴を締めくくりたい♩

最後は彼にビシッと決めてほしいから♡「新郎謝辞」を考える時に参考にしてほしいネタまとめ*にて紹介している画像

でも、新郎謝辞は、花嫁さんにとっては不安なもの。

彼を信用していないというわけではないですが、「ちゃんと考えているのかな?」「テンプレばかりのありきたりな内容にならないかな?」などなど、色々心配になってしまいますよね…!

そこで今回は、新郎謝辞で話してほしい「ネタ帳」をご紹介します♩

彼にこの記事を見せて、何を話すか考えてもらいましょう*

①ゲストに向けて

☑今までの感謝(皆さんのおかげで今日の日を迎えることが出来ました)

☑個別メッセージ(地元の仲間たちや〇〇家、〇〇家のみなさま、遠いところ足を運んでくださってありがとうございました)

☑当日のこと(乾杯を務めて下さった上司の〇〇さんの言葉は一生忘れません)(高校のサッカー部の仲間たち、面白い余興をありがとう)

スタッフの方に向けて(私たちの式のために尽力してくださりありがとうございました)

②両親に向けて

☑小さい頃の話(やんちゃで学校で悪さをしては学校に呼び出されて、いつも謝ってくれた)

☑思い出に残っていること(就職活動に悩んでいたらアドバイスをくれた)

☑尊敬するところ(母さんのことを大切にする父さんを見習い、〇〇さんを一生かけて大切にします)

☑気を付けてほしいこと(母さんは頑張りすぎるところがあるので、手のかかる息子が巣立ったらゆっくり休んでください)

☑結婚が決まったときの話(結婚すると言ったら泣いて喜んでくれてありがとう)

☑️花嫁の両親への感謝(◯◯さんとの結婚を許してくれてありがとうございます)

③花嫁に向けて

☑今までの話(出会ってから今日まで、喧嘩もせずに仲良く来れて良かったと思っています)

☑結婚式までの話(結婚式に関しては殆ど任せっきりになってしまったね、素敵な式にしてくれてありがとう)

☑これからの話(笑いの絶えない家庭を築いていこう)

☑好きなところ(〇〇の手料理が大好きです。これからも美味しい料理を宜しくお願いします)

このときに花束を渡したり、再プロポーズをしたりするのも素敵♡

④これからの抱負

☑どんな家庭を築きたいか(明るく賑やかな家庭を築いていきます)

☑約束事(〇〇さんと意見がすれ違ったら必ず自分が折れます)

最後は彼にビシッと決めてほしいから♡「新郎謝辞」を考える時に参考にしてほしいネタまとめ*にて紹介している画像
@dmwedding0923

【スピーチ力向上】新郎謝辞のコツは?

☑はっきりと、堂々と話す

☑カンペを見てもOK!

☑ネガティブな言い回しや表現は控える(もちろん下ネタもNGです!)

☑テンプレではなく、オリジナル要素を入れる

☑両親や義両親に話すときは、身体を向けて(顔を見て)話す

☑長すぎず、短すぎず(時間にすると2~4分程度がベストです)

☑最後の締めくくりの言葉「本日は誠にありがとうございました」はカンペを見ずに、気持ち大きな声で言う

☑最後の一礼は気持ち長めに

素敵な挨拶で披露宴を締めくくろう♩

新郎謝辞の時に話したいネタをご紹介しました*

新郎謝辞は、ネットで探すだけだとありきたりなテンプレになってしまいがち。来てくれたゲストの心に残る謝辞にするには、感謝の気持ちが伝わるオリジナルの文章にすることが大切です◎

本番に強い新郎さんでも、当日はゆっくり考える暇は無いもの。

予めどんなことを話そうか頭に入れておいて、感謝の気持ちがしっかりと伝わる謝辞にしてください*

➡新郎謝辞の記事はこちらからどうぞ*

最後は彼にビシッと決めてほしいから♡「新郎謝辞」を考える時に参考にしてほしいネタまとめ*にて紹介している画像

この記事に関連するキーワード