初めて見る演出ばかり!珍しくて素敵な海外ウェディングの儀式・演出8選

2017.10.12 Thu.
65きゅん

海外ウェディングの珍しい演出を知りたい♡

海外には、魅力的な結婚式の演出がたくさん!

今や日本でも定番のブーケトスやファーストミート、最近人気のダーズンローズセレモニーなども海外発祥のウェディングアイデアですよね♡

日本では見たことのない目新しい儀式は、自分たちの結婚式・披露宴の進行を考える上で参考にもなります♩

この記事では、日本でも取り入れることができそうな海外の珍しいウェディングセレモニーをご紹介します*

海外ウェディングの変わった面白い演出を取り入れて、素敵な結婚式にしましょう♡

変わった海外の結婚式演出①ウェディングボックス

最初にご紹介するのは、ウェディングボックスセレモニー。新郎新婦が木箱の中にワインボトルとお互いへの手紙を入れて、釘で蓋をする儀式です*

蓋をした木箱はお家で保管しておき、何年後かに二人で開けます。ワインを飲みながら、当時の気持ちを綴ったお手紙を読み合うなんて、素敵♡

こちらの記事でウェディングボックスの詳しいやり方をご紹介しています。

➡タイムカプセルみたいで素敵♡海外花嫁に人気の演出【ウエディングボックス】って知ってる??

変わった海外の結婚式演出②丸太切り

ドイツの伝統的な儀式のひとつ、丸太切り。エプロンをつけた新郎新婦が力を合わせて大きな丸太をノコギリで切るという演出です。豪快な初めての共同作業!

木の年輪のように、ふたりで年輪を重ねていくことができますように、という願いが込められているんだとか♡

日本でも、丸太切りを取り入れた新郎新婦さんがいるみたい*初めての光景にゲストも盛り上がりそう♡

変わった海外の結婚式演出③ハート切り抜き競争

続いてもドイツのちょっと変わった結婚式の演出♡大きなシーツに描かれたハートの形を、新郎新婦が真ん中から半分ずつスピードを競いながら切っていきます。早く切り終わったほうが、これからの家庭の主導権を握ることができるんだとか。

無事ハート型が切り取れたら、ふたりで仲良くハートの中をくぐり抜けてます。新郎さんが新婦さんをお姫様抱っこをすることが多いみたい♡

結婚式二次会で取り入れたら盛り上がりそうだと思いませんか?♩

変わった海外の結婚式演出④ユニティキャンドル

ユニティキャンドルは、ヨーロッパに伝わる婚礼の儀式。

大きな太いロウソク1本と、細いロウソク2本を準備します。

まず両家の母親が2本のキャンドルにそれぞれ点火し、新郎新婦がそのキャンドルの火を使って、さらに太いキャンドルに火を灯します。

それぞれの家族を表すキャンドルに灯っていた火が、新郎新婦の手により一つになったことから、両家の絆や新しい家族の誕生を表す演出です♡

こちらの記事でユニティキャンドルの詳しいやり方をご紹介しています。

➡目新しい結婚式演出*新しい家族が誕生したことを表す、【ユニティキャンドルセレモニー】って知ってる?♡

変わった海外の結婚式演出⑤パンと塩の儀式

続いてはロシアのユニークな結婚式の風習*

新郎の家族が用意したロシアの伝統的な丸い大きなパンに、新郎新婦がたっぷりの塩をつけて食べるという儀式です。新婦を新しい家族として迎えるという意味があるそう。

たっぷりと塩をかけるのは、「これが人生最後の辛味にあって欲しい」という願いが込められているから♡また、たくさんパンを食べることができたほうが家庭の主になると言われています。

結婚式二次会で行えば盛り上がりそうです♡ゲストに塩をたっぷりかけてもらいましょう*

変わった海外の結婚式演出⑥ハンドファスティング

ハンドファスティングは、ケルト民族の結婚式から生まれたヨーロッパの伝統的なセレモニー。

挙式の指輪交換の前に、互いの手を握って、その周りを牧師さんにリボンで結んでもらいます。家族や友人にお願いしてもOK♡

指輪交換、誓いの言葉までリボンを結んだまま行い、ベールアップの際に初めてリボンをほどきます。

「手を握り合い約束をする=結婚」という意味を表すんだとか。なんだかロマンチックで素敵ですね。

変わった海外の結婚式演出⑦リングワーミング

海外ウェディングで人気が高まっているという、リングワーム。

挙式の指輪交換の前に、ゲスト一人一人に指輪を触ってもらい温めてもらうという儀式です。日本の人前式で行われるリングリレーと少し似ていますね。

結婚指輪は、なくならないようにリボンを結んだり、小さな袋に入れるのが定番*

ゲストは指輪に触れる際に、ふたりへの愛を吹き込むんだとか。新郎新婦さんは、ゲスト全員からの愛がこもった指輪を夫婦の誓いとして交換します。結婚の重みを感じる素敵な儀式です。

変わった海外の結婚式演出⑧ワインブレンディング

最後にご紹介するのは、海外版水合わせの儀ともいえる、ワインディングセレモニー。

用意するのは、赤白のワインと、ワインを入れるデキャンタ。

ワインはふたりの生まれ年のものや、思い出の場所で作られたものなど、なんでもOK。事前にしっかり試飲して、混ぜても美味しいものを選んでおきましょう*

混ざったワインを二人で乾杯して飲んで、儀式完了。残りのワインはお家に持ち帰っても、ゲストに振舞っても◎

海外ウェディングの演出を取り入れよう♩

日本ではまだまだ珍しい、海外の変わった結婚式の風習をご紹介しました。

挙式や披露宴、二次会でやってみたい演出はありましたか?♡

ゲストをあっと驚かせる素敵な海外のウェディングセレモニー、自分たちの結婚式にも取り入れてみてください♩

この記事に関連するキーワード

ジャンルから好きな記事を探す♡

読みたい記事をここから検索!